F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1ハンガリーGP後にルノーF1チームの変化を感じていたと認める。

8月29日(木)、ルノーF1チームは、エステバン・オコンと2年契約を結び、2020年にダニエル・リカルドのチームメイトになることを発表。2016年からルノーのドライバーを務めてきたニコ・ヒュルケンベルグは来季のシートがない状況に陥った。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームの移籍が噂されており、数ヶ月前にはレッドブル・ホンダのドライバー候補に名前が挙がっている。

過去数週間にわたってエステバン・オコンのルノー移籍は噂されていたが、ニコ・ヒュルケンベルグはF1ハンガリーGPの時点でチームのダイナミクスに変化を感じており、今回の一件に完全に驚いたわけではないと認める。

「ハンガリーの翌週、ダイナミクスが変わったことに気づいていた。でも、チームとマネジメントは常に透明で正直だった」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「心理戦とかはなかったし、コミニュケーションは常にストレートだった」

関連:ルノーF1チーム、2020年のエステバン・オコンの起用を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ルノー