F1 ニコ・ヒュルケンベルグ アブダビGP
ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、F1アブダビGPの決勝レースをクラッシュによって0周リタイアで終えた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ターン9でバトルをしていたロマン・グロージャンの左フロントタイヤに右リアタイヤが乗り上げるカタチで横転。数回転して逆さまでバリアで停止した。

ニコ・ヒュルケンベルグは自らクルマを降りており、怪我はなかったようだ。このインシデントによってセーフティカーが導入された。

スチュワードはこの事故をレーシングインシデントと見なし、どっちらのドライバーにもペナルティは科せられなかった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ルノー / F1アブダビGP