ホンダ、F1撤退後もより強固になったレッドブルF1チームとの絆
ホンダは、3年ぶりに開催されたF1日本GPでマックス・フェルスタッペンが2年連続ワールドチャンピオンを獲得した戦いを振り返りながら、モータースポーツに挑み続ける意義について語った。

3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPこと「2022 FIA F1世界選手権シリーズHonda日本グランプリ」ホンダは、本大会をタイトルスポンサーとして支援してきた。

世界最高峰のモータースポーツと言えば、誰もが最初に思い浮かべるのがF1だ。世界中から選ばれた20名のトップドライバーが、最先端の技術を惜しみなく投入されたマシンで、時速300kmオーバーの世界最速を争う。そんな刺激的なレースがF1の魅力の一つだ。

一年を通してさまざまな国でグランプリが開催されているが、F1日本GPは2020年と2021年が新型コロナウイルスの影響により中止となったため、実に3年ぶり。そして、戦いの舞台となった鈴鹿サーキットは、難易度が高く、ドライバーの腕が試される名コースとしても有名。熱い戦いへの期待を反映するかのように、予選・決勝のチケットは完売した。

そんな日本GPを2人の選手が盛り上げた。1人目は、この日本GPで2022年のワールドチャンピオンを決めた、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。昨シーズンはホンダのパワーユニット(PU)で戦い、ホンダに30年ぶりのドライバーズチャンピオンをもたらしてくれたドライバーだ。

今シーズンは独走状態でシーズンを駆け抜け、F1日本GPで見事にチャンピオンの座を掴んだ。フェルスタッペンにとって、鈴鹿サーキットはF1ドライバーとして初めて走行した思い出の地。ここで2年連続となる栄冠を勝ち取り、日本のモータースポーツファンを熱狂させた。

2人目は、現在唯一の日本人ドライバーである角田裕毅。2021年にスクーデリア・アルファタウリからF1デビューし、日本人F1ドライバーとして初めてデビュー戦で入賞。2021年の最終戦アブダビGPでは自己最高の4位に入るなど、注目の若手ドライバーで、今回の日本GPが初めての母国凱旋レースとなった。

角田裕毅はホンダのドライバー育成プログラム「Honda Formula Dream Project」の出身。Honda Racing School Suzuka(旧SRS:鈴鹿サーキットレーシングスクール)で腕を磨いたホームサーキットでの初レース。予選では13番手から、一時は入賞圏内まで追い上げ、見事に完走を果たした。

ほかにも話題に事欠かないF1日本GPだったが、ホンダはタイトルスポンサーとしてだけでなく、今シーズンもオラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのレース活動をバックアップしている。ここからは、なぜHondaはモータースポーツに挑み続けるのか。その意義を掘り下げていく。

2021年シーズンのドライバーズチャンピオン獲得という形で有終の美を飾ったホンダF1ですが、実は、その技術は今シーズン以降もF1の中で活躍している。2025年まで、2つのチームがホンダの技術が活かされたPUを継続して使用することが決まっているかだ。

そのチームが、オラクル・レッドブル・レーシングと スクーデリア・アルファタウリ。ホンダは、HRCを通じてこの2チームにPUを供給するRed Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)への技術支援を行っている。

特にオラクル・レッドブル・レーシングは、2年連続チャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンを擁するチーム。ホンダとしてのF1参戦は終了し、立場こそ変わったが、モータースポーツに対する気持ちは変わらない。だからこそ、チームに対しても全力でサポートする。ホンダとチームの絆は強固に結ばれている。

PU、ドライバー、車体、そしてそれらを勝利に導く戦略を立てるチーム。全ての要素がそろわなければ、チャンピオンを取ることができないのがF1の舞台。その中で「『誇れる仕事を残したい』という気持ちを強く持ち、日々全力で頂点を目指していることは、チーム側もよく理解してくれていると思います」と話すのは、HRCの四輪レース開発部の角田哲史エグゼクティブチーフエンジニアだ。

そんなHRCとチームの絆を象徴するのが、2022年シーズンの第14戦ベルギーGPでオラクル・レッドブル・レーシングが勝利をしたときのエピソード。レッドブルに帯同している吉野誠チーフメカニックが表彰台に立ち、チームを代表してコンストラクターズトロフィーを受け取るというシーンがあった。

「現在のF1 PUは複雑で高度な技術の塊。運用するにもノウハウが必要です。ベルギーGPはマシンのパワーがものをいうサーキットなので、PUの貢献を彼らも実感してくれたのだと思います。私たちのような裏方が表彰台に立たせてもらえるのは、とても光栄なこと。PUに関わる全てのメンバーにとって、ナンバーワンを目指そうという気持ちを、さらに奮い立たせてくれる出来事でした」と角田哲史はHオンダStoriesで語った。

ホンダはF1という世界最高峰の舞台で通用する技術を磨いてきた。そこにホンダが見いだしている意義とは、単に栄冠を掴み、存在をアピールすることではない。世界一を目指す中で得られる経験が、ホンダに大きな成長をもたらしてくれるからだ。

「F1は技術の開発スピードが圧倒的に早く、少しでも油断しているとすぐに置いていかれます。どんなに魂を削ってやっていても、屈辱的な経験をすることもあるのです。しかし重要なのは、それでもHondaはどん底から頂点に届いたということ。他にはない経験によって人と技術が成長することが、何よりも尊いと思っています。今回の日本GPでフェルスタッペン選手がもたらしてくれた2連覇は、私たちにとっても勝利であり、自信につながっています」と角田哲史は語る。

つまり、F1は人材育成の場でもある。HRCでは、レーシングエンジンの経験がない新人がいきなりPUを担当することも。そして、F1での経験を積んで飛躍的な成長を遂げた後、別の部署へと異動してその知見を活かす姿も見られる。

「F1は、ラップタイムやレース順位という尺度だけで本気の技術勝負をする場。会社の事情に関係なく、残酷なまでにハッキリと結果が出る極限の戦いです。それに耐えて日々もがき苦しみながら、『どうしたら世界一になれるのか』を考え抜いたことがある人材は貴重。その経験をHondaが手掛けるさまざまな分野に還元し、開発を加速させていくことにこそ、Hondaがモータースポーツを支える意味があるのです」と角田哲史は語る。

2050年のカーボンニュートラルや交通事故死者ゼロの実現、さらにはモビリティを通じた新たな価値の創造を目指すホンダにとって、その技術を生み出し支える“人”は、何よりの財産となる。

「現在、モータースポーツの世界では、カーボンニュートラル燃料や電動システムの開発が積極的に行われています。私たちが取り組むF1の技術も、近い将来には一般へ普及していくはず。そのためには、この先も挑戦を続けていかなければなりません。未来に向けた技術開発へ積極的に挑戦していくHondaに、今後も期待してください」と角田哲史は語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1日本GP