ホンダ F1復帰の可能性? レッドブルF1首脳が交渉を認める
レッドブル・レーシングとポルシェの交渉決裂はホンダのF1復帰への道を開くかもしれない。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダと交渉していることを認めた。

ポルシェは9月9日(金)、2026年のF1参戦にむけたレッドブルとの交渉が決裂したことを発表。交渉を開始したことを発表せず、いきなり終了を発表したことに、両社の間にいかに意見の不一致があったのかが想像できる。

そこで新たにパートナーとして浮上しているのがホンダだ。ホンダはF1撤退を後悔しているとされており、今でも日本でF1パワーユニットを製造し、2025年までレッドブルとアルファタウリに供給する契約を結んでいる。ホンダ製F1エンジンは2年連続でエンジンはチャンピオンを獲得する目前だ。

ヘルムート・マルコは、レッドブル・パワートレインズは独立して運用できるだめ、パートナーを見つける必要はないと前置きした上で、ホンダと話し合っていることを認めた。

「現時点では誰も必要としていないが、相乗効果と利益があることが判明した場合、我々はそれを受け入れる」とヘルムート・マルコはOE3に語った。

レッドブルは、他のメーカーと一緒に仕事をすることにオープンだが、興味深いパーティーがなければ、自分たちでF1パワーユニットのプロジェクトを継続する。

「我々は良いポジションにいる。2028年まで最速のドライバーがいる。最高のデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイがいる。我々のエンジン工場は、55週間以内に完全に稼働する。最初のエンジンはすでに始動している。つまり、我々は完全に自給自足だ」とヘルムート・マルコは語った。

レッドブルと組む候補はホンダだけではない。ヘルムート・マルコは、名前は明かさなかったものの、レッドブルにはパートナーシップに関心のある他の当事者からすでにいくつかの打診を受けていると主張する。

「驚くべきことに、ポルシェのキャンセルが正式になった今、いくつかの問い合わせを受けている」とヘルムート・マルコは語る。

ヘルムート・マルコは、レッドブルとポルシェの交渉がうまくいかなかった理由を詳しく説明し、どちらの会社も提示された条件から利益を得ることはなかったと述べた。

「交渉の過程で、プロジェクト全体にとって、この協力はどちらの側にも利益をもたらさないことが明らかになった」とヘルムート・マルコは語った。

「レッドブル・レーシングの効率性は最優先事項だった。チームが過去10年間または 12年間と同じように成功する必要があり、これが続く必要がある」

だが、レッドブル自体についてはあまり急いでいない。ヘルムート・マルコによると、レッドブル・レーシングの最優先事項は効率性だと語る。

ヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーの言葉に同意する。クリスチャン・ホーナーは、企業の DNA が一致し、長期的な戦略に同意できる場合にのみ、コラボレーションをしたいと述べている。

「エンジン部門でノウハウが貢献できる場合、または他の相乗効果や利点が達成できる場合は、協力を歓迎する」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル