ホンダとレッドブル、2022年以降もF1を含めたモータースポーツ活動で提携…HRCに四輪レース活動機能を追加
ホンダは、レッドブル・グループとモータースポーツのさらなる発展を目指して2022年以降にF1を含めたモータースポーツ領域を中心とした新たな協力関係について合意したことを発表した。

2020年10月2日に発表した通り、ホンダは2021年シーズンをもって、F1へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了し、F1で培った技術と人材を将来のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みにシフトしていく。

一方、モータースポーツ活動は変わらずホンダのDNAであり、参戦しているカテゴリーでのNo.1を目指しチャレンジを続けていくと同時に、モータースポーツそのもののさらなる振興に努めていく。今回のレッドブル・グループとの新たな協力関係は、そのホンダの取り組みのひとつとなる。

この合意では、ホンダがレッドブル・グループからの要請のもとに、ホンダのパワーユニット技術をレッドブル・グループが2022年以降のF1に参戦するために使用することを許諾し、レッドブル・グループ傘下のスクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングのF1参戦を支援していく

主な合意内容
・パワーユニットに関する知的財産権の使用許諾
・ホンダによるレッドブル・パワートレインズへの2022年シーズンにおけるPUの組立支援や、サーキットおよび日本におけるレース運営サポートの実施
・現在、ホンダの英国におけるF1参戦活動の拠点であるホンダ Racing Development UK(ホンダ・レーシング・ディベロップメント・ユーケー)従業員の、レッドブル・パワートレインズへの転籍

また、日本におけるモータースポーツのプレゼンス向上に向けて重要となる日本人ドライバーの育成への取り組みも、レッドブル・グループと継続して行っていく。ホンダの展開する育成プログラム「ホンダ フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」とレッドブル・グループが主催するプログラム「レッドブル・ジュニアチーム(Red Bull Junior Team)」で連携し、角田裕毅に続くF1をはじめとした世界のトップカテゴリーで活躍する日本人の若手ドライバーを共同で育成していく

さらに、レッドブル・グループがグローバルで行っているさまざまなスポーツやブランディング活動とのコラボレーションも強化することで、ホンダの企業姿勢やモビリティの多彩な魅力を発信していく。

なお、こうしたモータースポーツ活動を推進していくために、現在ホンダの二輪レース活動を運営している株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)に四輪レース活動機能を追加し、ホンダのモータースポーツ体制を強化する。二輪・四輪の分野でそれぞれが持っている技術・ノウハウの相互連携と運営の効率化を図ることで、より強いレースブランドを目指し、モータースポーツ活動に取り組む。また、上記のレッドブル・グループへのF1参戦活動に関する支援は、HRCが行う

ホンダはライダー、ドライバー、エンジニア、メカニックのほか、チームスタッフをはじめとしたホンダのモータースポーツ活動に関わる全世界の人々が一丸となり、世界中のお客様に夢や感動を届けることができるようにこれからも取り組んでいく

クリスチャン・ホーナー(レッドブル・レーシング・ホンダ 代表)
「レッドブルとホンダの現在の協力関係はとても素晴らしい成果を生んでおり、内容は変わりますが、ホンダとの関係が継続できることを嬉しく思います。レッドブル・パワートレインズのチャレンジに対して2022年にホンダが行ってくれるサポートは、レッドブルが車体とPUの両方を手掛けるコンストラクターになっていく上で心強い存在です。また、ドライバー育成をはじめとするさまざまなモータースポーツ活動などにおいてホンダとの協力が継続していくということも楽しみにしています」

渡辺康治(本田技研工業株式会社 執行職 ブランド・コミュニケーション本部長)
「かねてから議論を重ねていた2022年以降のホンダのパワーユニット技術の取り扱いを含めた協力関係についてレッドブル・グループと合意できたことを嬉しく思います。このコラボレーションはホンダが今後もモータースポーツ界に貢献していきたいという思いの表れです。また、体制を強化するHRCを通じて世界中のお客様にモータースポーツをさらに楽しんでいただけるように、より一層努めてまいります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル