ホンダ、2022年もレッドブルのF1エンジンに『HONDA』ロゴ掲載の可能性
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコと、ホンダF1のマネージングディレクターの山本雅史が、2022年以降の両者の関係について RacingNews365 に語った。

昨年、ホンダは、2021年をもってF1から撤退することを発表。だが、HONDAの名前は、2022年以降もレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのマシン上に残るかもしれない。

エンジンサプライヤーを失うことになったレッドブルは、解決策を見つけなければならなかった。だが、コスト削減の流れが味方し、2022年からエンジン開発の凍結で全チームと合意。ホンダのF1エンジンの知的財産権を引き継ぎ、エンジンをメンテナンスし、最終的には開発するための会社となるレッドブル・パワートレインズを設立した。

レッドブルは、現在、エンジン部門を構築しているが、それには時間がかかる。施設を建設し、設備を購入し、人員を募集する必要がらう。最終的にレッドブル・テクノロジーには数百人のスタッフが終了され、新しいエンジンレギュレーションが導入される2025年または2026年に新しいエンジンを開発する予定となっている。

だが、2022年に関しては、ホンダが現在も開発を進めているF1エンジンをHRD Sakuraで組み立ててレッドブルに納品する形となる。

2022年以降のホンダとのF1エンジン契約についてヘルムート・マルコは「ホンダがF1を去るので、実際に我々はエンジンサプライヤーになることを余儀なくされた。我々はすぐに自分たちでエンジンを作りたいと確信した」と語る。

「パッケージは我々にとって非常に重要だ。メーカーからエンジンを購入すれば、影響を与えることができないエンジンを入手し、それでやっていかなければならない。そのエンジンに合わせてマシンを作らなければならない」

「社内にエンジン部門がある場合は、折り合いをつけながら最適なトータルパッケージを構築することができる」

また、ホンダとの契約についてヘルムート・マルコは「我々は知的財産権と日本で開発される2022年エンジンを取得する。ホンダから購入するものはすべて有料だ。我々は多くのエリアで彼らと協力を続けていく」と語る。

当然ながら、レッドブルがホンダにいくら支払うかについては公表されないが、多額の金額になることは確かだ。通常、チームはエンジンサプライヤーに年間で1800万ドル(約19億7500万円)以上を支払う。

「新しいエンジンが納品されれば、2023年もしくは2024年には我々自身でそれらを構築し、組み立て、取り付ける。素晴らしいプロジェクトだ。我々がそれに必要なテストベンチを購入したことは周知の事実だ」

「問題が発生した場合は、ホンダからのサポートが約束されている。だが、それはヒューマンリソースが開いている場合に限る。テストベンチとスタッフも彼らから引き継ぐ。彼らは非常に良い日本人であり、メルセデスからやってくる人々も一緒になる。非常に良いパッケージだと信じている」

ホンダF1の山本雅史も、2022年のサポートについて「技術面で最大限のサポートを提供し、両チーム(レッドブルとアルファタウリ)が競争力を持てるようにしていきたいと思っています。マーケティング面でのサポートは最小限になります」と語る。

レッドブルのF1エンジンプロジェクトは、フェラーリやメルセデスなどのエンジンサプライヤーと同様に非常に野心的だ。施設やリソースだけでなく、人員にも、何億もの投資を意味する。たとえば、メルセデスはF1エンジン部門に400人以上の従業員を抱えており、たとえば、2019年には、エンジン部門だけですでに2億7700万ユーロ(約356億円)を費やした

。レッドブル・パワートレインズはどのように見えるのだろうか?

「それは、新しいエンジンの開発のための並行プログラムがあるかどうかにも依存する。エンジンはアルファタウリとレッドブルレーシングで使用される。大まかに言えば、300から500人が仕事に来るだろう」とヘルムート・マルコはレッドブル・パワートレインズのセットアップについて語った。

そして、ホンダがF1で公式に活動しなくなったという事実にもかかわらず、HONDAのロゴがレッドブルとアルファタウリに残る可能性は非常に高い。

「これは、ホンダのエンジンを入手する一方で、特定の形で協力するプロジェクトだ」とヘルムート・マルコは説明する。このコラボレーションは、マーケティングにも焦点を当てている。

山本雅史によると、2022年のホンダエンジンの名前はまだはっきりしていない。

「現在、レッドブルとエンジンの名前について話し合っています。また、エンジンをサポートし、エンジンに関与し続ける方法についても話し合っています」

ヘルムート・マルコによれば、レッドブル・パワートレインズのエンジンはレッドブルとアルファタウリ専用となる。他チームへの供給は、2025年または2026年に新しいF1エンジンが導入されるまで行われない。新しいチームがF1に参加した場合、レッドブルはF1エンジンの供給を義務付けられることもない。その義務には、アルピーヌ/ルノーという最小数のエンジンメーカーがいるからだ。

また、ヘルムート・マルコは、新しいF1エンジンに関するレッドブルとホンダの技術協力も除外していない。

「それは将来使用されるバッテリーの種類に大きく依存する。ホンダはもちろんEテクノロジーにも投資している」

山本雅史によると、今後数年間の自動車メーカーとしてのホンダの焦点は、主に1つのプロジェクトにある。

「今年中にF1プロジェクトを終了し、カーボンニュートラルと電気駆動に焦点を当てます。将来については、4月に新しいCEOが就任する予定です。彼が何かを検討しているかもしれませんが、現時点では何も決定されていません」と山本雅史はホンダのモータースポーツの将来計画に言及しながら語った。

山本雅史は、ホンダがコストのためにF1から撤退するのではなく、、あくまで新たな焦点のためだと橋梁する。

「主な理由は、現在、我々はメルセデスに追いつくためにF1で最高のエンジニアを使用していますが、我々はそれらを電化およびカーボンニュートラルプロジェクトに使用したいと思っています」

新世代のF1エンジンが導入された2025年(または2026年)からのレッドブルの野心的なエンジンプロジェクトは、まだ2つの方法がある。完全に社内で行うか、自動車メーカーと開発で提携するかだ。

ヘルムート・マルコは、アウディまたはポルシェとのコラボレーションを除外していないが、「コラボレーションする際も、独自のエンジンに依存する必要がある」と外部のパーティによって開発されたエンジンではなく、レッドブルエンジンのスポンサーとしての提携になる可能性を示唆した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アルファタウリ