ホンダF1、PUのブランディングを「Honda e:TECHNOLOGY」に変更
ホンダF1は、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPより、パワーユニットに『Honda e:TECHNOLOGY』のブランディングを冠して参戦する。

ホンダF1は、今季もRed Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)、Scuderia AlphaTauri Honda(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)に、ハイブリッドパワーユニットを供給しており、両チームのマシン計4台が『Honda e:TECHNOLOGY』のロゴマークをまとって、走り出す。

Honda e:TECHNOLOGY は、ホンダ独自の高効率電動化技術の総称で、未来のカーボンニュートラル社会の実現を目指して、二輪車、四輪車、パワープロダクツを問わず幅広いモビリティーに適用されていく。この電動化技術は、モータースポーツの最高峰であるF1ハイブリッドパワーユニットのMGU-H/MGU-Kなどにも搭載され、我々の頂点へ向けたチャレンジを支えている。

Honda e:TECHNOLOGY

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アルファタウリ