ホンダF1、2022年型F1エンジンの前倒しに込めた決意
ホンダF1にとって2021年のF1世界選手権は最後のシーズンとなるが、開発のすべてをストップさせるわけではない。ホンダF1のスタッフはストーリーがまだ完了していないと感じており、2022年に導入を予定していたF1パワーユニットを前倒しで投入する。

2021年シーズン限りでF1撤退を決めているホンダは、2022年に向けて開発を進めていたF1エンジンを前倒しで導入することを決定。最後の年にできる限りの成功を収めたいと考えている。

「我々はまだメルセデスに遅れをとっています。ギャップは以前よりも小さくなっていますが、そのギャップはまだ残っている」とホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は語った。

「エンジンのすべての部分を改善する必要があるため、そのステップを実行するのは簡単ではありません。メルセデスとはギャップがあり、それを埋めるためのあらゆる方法を模索してきました」

2022年に予定されていたF1エンジンを1年早く導入することはホンダにとって簡単な仕事ではないが、スタッフは最後のF1シーズンを最大限に活用することを決定した。レッドブル・レーシングと成功を収めるというストーリーが実現していないためであり、ホンダはこのリスクを冒すことを決断した。

「エンジンを延期した方が簡単だったでしょうが、我々はメルセデスのギャップを埋めたかったですし、これがその方法でした」と田辺豊治はコメント。

「トップとのギャップを埋めるために最善を尽くしており、そのために新しいエンジンを導入することを決定した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル