ホンダF1 「2021年のタイトル候補になるために懸命に作業している」と田辺豊治TD
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、レッドブルとの最終シーズンにタイトルを争うことができるように“懸命に取り組んでいる”と語る。

昨年、ホンダは間違いなく良い進歩を果たし、アルファタウリのピエール・ガスリーのF1イタリアGPでの衝撃的な勝利を含め、2チーム合計で3勝を追加した。

しかし、その進歩にも関わらず、ホンダのF1パワーユニットは、2014年にハイブリッド時代に突入して以来、事実上のエンジニアリング基準となっているメルセデスの支配的なF1パワーユニットに全体的に匹敵するものではなかった。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今シーズン末にチャンピオンシップタイトルを獲得してF1から撤退することは非常に難しい仕事であることはわかっているが、ホンダF1のエンジニアは戦う決意をしていると語る。

「もちろん、パフォーマンスだけでなく、信頼性に関しても、2021年に向けて新しいパワーユニットを開発しています。我々は自分たちのポジションがまだメルセデスの後ろであることを分かっていまし、他の競合他社もオフシーズン中に眠っているわけではありません」と田辺豊治はコメント。

「今年のオフシーズンは非常に短いですが、F1に関わるすべての人がレースとチャンピオンシップに勝つために最大限の努力をしています…勝つと言うのは簡単ではありませんがね」

「その一方で、より多くのレースに勝ち、2021年のチャンピオンシップへの挑戦者になれるのは喜ばしいことだと思います。そのため、我々は来年にむけてPUに懸命に取り組んでいます」

オフシーズンに向かうホンダF1の精神は、昨年の最終戦F1アブダビGPでのマックス・フェルスタッペンのポール・トゥ・ウィンによって確かに後押しされた。

しかし、もっと重要なことは、ホンダF1が2020年シーズンで得たすべての知識を新シーズンに取り入れ、その基盤をベースにポジションを強化することだ。

「全体として、これはホンダにとってシーズンを締めくくる協力な結果でした」と田辺豊治は付け加えた。

「もう1つのポジティブな点は、過去の戦いから学び、信頼性の向上に尽力してきましたが、今季の1ドライバーあたり3基というレギュレーションを守ることができ、PU関連ペナルティーを受けずにシーズンを終えることができました」

「もっと強くなって戻れるように、非常に短いオフシーズンではありますが、我々はより多くのパフォーマンスを求めてパートナーチームと非常に懸命に作業していきます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アルファタウリ