ホンダF1、今宮純氏に哀悼の意 「今宮さんの想いを胸に戦い続けます」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊春、マネージングディレクターを務める山本雅史が、今宮純氏に哀悼の意を表した。

F1解説者として活躍したモータージャーナリストの今宮純氏が、今月4日に70歳の若さで亡くなった。今宮純氏は、1987年フジテレビがF1の全戦テレビ中継を開始するとレギュラー解説者として起用され、日本のF1人気向上に大きな役割を果たした。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊春は「1970年代からの長きにわたり、F1ジャーナリストとしてのご活躍、本当にお疲れ様でした」とコメント。

「日本でF1を盛り上げるために多大なるご高見をいただいたこと、そして、いつもホンダを応援いただいたことに心から感謝申し上げます。私個人としては、第2期F1プロジェクトの頃はもとより、今回のテクニカルディレクター就任以降も、折に触れて様々な励ましの言葉をいただきました」

「今後も我々の戦いを見守っていただきたいと思っていただけに、非常に寂しく感じています」

「本当にお世話になりました。そして、ありがとうございました。我々は、今宮さんの想いを胸に、これからも戦い続けます。ここからご冥福をお祈りいたします」

ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は「突然の訃報に接し、本当に驚いております」とコメント。

「日本のおけるF1の人気は今宮さんの存在なしにはあり得ないものです。テレビから聞こえてくるあの落ち着きのある、レースへの愛情がこもった解説に、F1というスポーツの楽しさをより深めたファンがたくさんいることでしょう」

「そしてホンダF1を第二期の活動から今日にいたるまで、苦しい時も楽しい時もいつも見守り、応援して頂いて感謝の言葉しかありません。ありがとうございます」

「2020シーズンの私たちの戦いを見て頂けないのが本当に残念ですが、天国までファンの歓声が届くような戦いができるよう一層励みます。ご冥福をお祈り致します」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1