ホンダからチームを引き継ぎ大成功を収めたブラウンGP
ホンダは、ブラウンGPが2009年に両方のタイトルを勝ち取るという成功を収めたにも関わらず、F1から撤退したことに後悔はないと語る。

ホンダは、世界的な財政危機によりF1に資金を供給することができないと判断し、昨年12月にF1から撤退した。

ホンダからチームを引き継いだブラウンGPは、ホンダが開発したマシン、施設、さらには財政的な支援により、F1グリッドに並ぶだけではなく、F1タイトル獲得という成功を成し遂げた。

しかし、ホンダの伊東孝紳社長はF1徹底は正しい決定であり、撤退したことを後悔していないと語る。

「後悔してはいない。撤退後、我々のチームがかなりうまくいっているのを見ていた。私がこう言えるのは、撤退前の我々のチームが注ぎ込んだ全ての努力が結果に導いたと考えているからだ」

「実際、ホンダが非常に良く考えられた計画に基づきスムーズに撤退することができたことを誇りに思っている。撤退そして撤退後、我々は非常にうまくやったと思う。環境技術開発に素早く我々のリソースのすべてを注ぎ込むことができた。このような変化を速やかに行えたことを誇りに思っている」

伊東社長は、彼の前任者の福井威夫氏によるF1撤退の決定は、財政危機とホンダが必要とした環境の重要性によって正当化されたと語る。

「ちょうど1年前、福井氏はF1から撤退する決定をした。私はそれが正しい決定だったと思っている」

「我々はF1を愛しているが、それ以上に、我々は会社について考えなければならなかった。世界的な不況により、我々の経営環境は本当に悪化した。また、環境のニーズに応じて、我々は新技術を開発しなければならなかった」

「間違いなく言えるのは、F1で働いていた数百人、F1で使った何十億円が、環境開発の開発に変化したということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | ブラウンGP