F1 ホンダF1
ホンダは、F1エンジンの開発でまだパフォーマンスの前進を見出しているが、グリッドペナルティの影響を最小限に抑えるためにアップグレード投入の時期を検討している。

ホンダF1は、今シーズンすでに2つのエンジンアップグレードを導入しているが、年間で3基以降のエンジンを使用した場合はグリッド降格ペナルティが科せられるため、3回目のアップグレードとなる“スペック4”エンジンの導入時にはレッドブルとトロロッソの全ドライバーがグリッド後方からレースをスタートすることになる。

ホンダのF1テクニカルディレクターの田辺豊治は、ファクトリーで新型エンジンに前進は見られているが、コース上で投入するためのタイムラインとレッドブルとトロロッソと議論していると語る。

「もちろん、我々は休みの間も仕事をしています」と田辺豊治は RACERに語った。

「全部ではないですけどね。数日休みはとりますが、我々は続けていますし、そこからは他のチームと同じ状況になります。彼らも改善していますし、分析し、残りのシーズンも改善します。我々も同じことをしていきますし、それはいつもと同じ状況です」

「ご存知のように、我々は既に3つ目のユニット(フランスGPで)を適用しています。つまり、次のステップではペナルティを受ける必要があります。そのため、我々は常にチームとタイミングについて話し合っています。我々は段階的にゲインを見出しています。そのステップが大きいか小さいかを判断することは困難ですが、我々は常に前進を果たしたいと考えており、それが我々が計画していることです」

ホンダのレッドブルのパフォーマンスへの影響は綿密に調査されているが、田辺豊治は、今年行われている仕事を判断する際には、昨シーズンのトロロッソとの提携の影響を見逃してはならないと語る。

「パートナーシップは我々が期待していた通りに良好なものでした」と田辺豊治は語る。

「彼らとの仕事を非常に良いものでしたし、一緒に仕事をすることにとても満足しています」

「私はマクラーレンの時代には関わっていなかったので、当時の状況はわかりませんが、トロロッソと仕事を始め、彼らと本当にオープンに仕事をしてきました」

「あの1年間は我々にとって本当に良い仕事ができました。また、日本とミルトンキーンズの両方に新しいスタッフが何人か加わり、それによって我々は今年レッドブルで働く準備ができているチームを作ることができました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / トロロッソ