F1 ホンダF1
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今週末のF1フランスGPからの2連戦にむけて可能なかぎり早くにパフォーマンスを改善させるために取り組んでいかなければならないと語る。

開幕戦で3位表彰台を獲得して好スタートを切ったレッドブル・ホンダだが、エンジンパワーとダウンフォースが必要な低速コーナーとロングストレートが特徴的な前戦F1カナダGPでは表彰台争いに絡むことができず、マシンの弱点が浮き彫りになった。

「これから欧州に戻り、フランス、オーストリアと連戦になります」と田辺豊治はコメント。

「それを考えれば、できる限り早くパフォーマンスを改善するために開発を続けていかなければなりません」

田辺豊治は、メルセデスとのギャップは冬の間に考えていたよりも大きいと認める。

「我々はまだ両方を発展させているところです。我々は自分たちのポジションをわかっていますし、トップの競合他社には少し及んでいません」と田辺豊治はコメント。

「メルセデスとのギャップはまだ非常に大きいです。以前に考えていたよりも大きいですし、もちろん、それには満足していません。幸いなことに、いくつかのレースで競い合うことができていますが、実際にギャップを縮めるにはまだ多くのアップグレードが必要です」

しかし、マクラーレン時代にトラブルが頻発していたホンダのF1パワーユニットの信頼性ははるかに向上している。

「マクラーレンとのネガティブな数年間からも学びました。学習することが重要であり、それによってレッドブルとの関係はよくなりました。最終的には一緒にチャンピオンシップに勝ちたいと思っています」

ホンダは次戦F1フランスGPでアップグレード版のエンジンを投入するとされ、それに合わせてレッドブルもシャシー側にアップグレードパッケージを持ち込むと噂されている。

「我々の開発は進行中であり、次のステップをいつ導入するかを検討しているところです」と田辺豊治はコメント。

「現在のPUの状況、走行距離、ダメージなどを観察しています。アップデート版の新しいPUを導入するのに最適なタイミングはいつかについてチームと話し合っています」

「そこはホンダだけの問題ではありません。トロロッソとレッドブルの両方のチームと密接に取り組んでいます。現時点でいつになるかは正確にはお伝えできませんが、新しいアップデート版PUの導入を目指しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1