F1 ホンダF1
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、2019年のF1エンジンは優れた信頼性を達成しており、今後のユニット全体で馬力を増やしていくことが焦点だと語る。

マクラーレンのパートナーとしてF1に復帰した初期の頃、ホンダのF1エンジンはほぼ全てのセッションでの度重なる故障による一貫性のなさと脆弱性により、パフォーマンスに目が向けられることはなかった。

しかし、昨年スタートしたトロロッソとのパートナーシップのなかでホンダはエンジニアリング面の基盤を許可し、パワーユニットはレッドブル・レーシングへの供給開始に先駆けて目覚ましい進歩を遂げた

今シーズンここまで両チームに供給されているホンダのF1エンジンの信頼性は徹底的にコントロールされているが、山本雅史はウィナーズサークルに戻るというホンダの野心を満たすためには信頼性とパフォーマンスのバランスを取りながらも、より多くのパワーを備える必要があると認める。

「ホンダにとって、ゴールは常にレースに勝つことです」と山本雅史は Sppedweek にコメント。

「チーム、ホンダR&D、その他の要因により、我々には優れたシステムがあることが示されています」

「ここまで我々は馬力と信頼性のバランスに重点を置いてきました。今後は間違なくもっと多くの馬力が必要だと考えています。そのため、我々は引き続き集中し、改善していく必要があります」

山本雅史は、今年のホンダのF1パワーユニットは、メルセデスとフェラーリにパワー面で劣っているが、ルノーよりも優位に立っていると主張する。

「レッドブルとトロロッソの助けもあり、現時点では我々はルノーよりも良い状態にあると思っています。ですが、彼らをはるかに上回っていると思っています」と山本雅史はコメント。

「信頼性を高いレベルで維持しながらパワーを増加させるために懸命に仕事をしていかなければなりません。そのためには多くの開発が必要です。そうしなければ追いつくのは困難です」

山本雅史は、ホンダは開発予算に“慎重”に取り組んでいるが、最終的に再び勝利を挙げるという野望を諦めるつもりはないと語る。

山本雅史は、ホンダは開発予算に“慎重”に取り組んでいるが、最終的に再び勝利を挙げるという野望を諦めるつもりはないと語る。

「将来的には予算に注意しなければならりません。ですが、私たちは良い選択をしていると思いますし、現在のバランスは私たちができる最善のものです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1