F1 ホンダF1 シンガポールGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、トロロッソ・ホンダのF1シンガポールGP初日のフリー走行での作業を振り返った。

F1シンガポールGP初日のフリー走行で、トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがFP1を16番手、FP2を18番手、ブレンドン・ハートレーは、FP1とFP2を17番手タイムとタイムシートの下位に沈んだ。

だが、ホンダF1のテクニカルディレクターは、パッケージの分析という点では有意義だったと語り、予選にむけてエネルギーマネジメントも含めたパワーユニットのセットアップの改善を行っていくと語る。

「今日は一日を通してトラブルフリーでセッションを終えることができました」と田辺豊治はコメント。

「今回がシンガポールで初めてのレースとなる2人のドライバーがサーキットへの理解を深めることができましたし、パッケージに関する分析という点でも有意義なセッションになりました」

「多くのデータも収集することもできましたが、現在の我々のポジションからも分るように、セッティングについてはまだ改善の余地が大きいと考えています」

「今日行ったショートラン、ロングラン両方のデータをこれから分析し、明日の予選にむけて車体と、エネルギーマネジメントも含めたパワーユニットのセットアップの改善を行っていきます」

関連:
F1シンガポールGP フリー走行2回目 | キミ・ライコネンが最速タイム
F1シンガポールGP フリー走行1回目 | ダニエル・リカルドがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | F1シンガポールGP