F1 シンガポールGP フリー走行2回目
2018年のF1世界選手権 第15戦 シンガポールGPのフリー走行2回目が9月14日(金)にマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)がトップタイムを記録。2番手には僅差でルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。

トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが17番手タイム、ピエール・ガスリーが18番手タイムで初日のセッションを終えた。

現地時間20時30分。すでに陽が落ち、投下照明に照らされて街中に浮かび上がったサーキットで、気温29.8℃、路面温度35.4℃のドライコンディションでフリー走行2回目はスタートした。

予選・レースと同時刻で行われるフリー走行2回目では各チームが精力的にシミュレーションを実施。レースのメインタイヤと考えられるハイパーソフトで多くの周回をこなした。

ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリがウォールに軽く接触。ハートレーは走行を続けたが、ベッテルはこの接触でわずか12周をしただけでマシン修復のために残りの時間をガレージで過ごすことになった。

セッションの折り返し地点ではキミ・ライコネンが1分38秒699をマーク。昨年のポールタイムである1分39秒669を上回った。2番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)、その後ろにはレッドブルの2台が続く展開。セッション後半は各チームがロングランへのプログラムを移行。

残り11分を経過したところでマーカス・エリクソン(ザウバー)がターン5でスピン。あわやクラッシュという場面だった。

フリー走行2回目のトップタイムは、キミ・ライコネン(フェラーリ)の1分38秒699。2番手には0.011という僅差でメルセデスのルイス・ハミルトンが続いた。ハミルトンは残り7分の時点でマシンを降りている。3番手にはマックス・フェルスタッペン、4番手にはダニエル・リカルドとレッドブル勢が続いた。

トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーがトップから2.843秒差となる1分41秒542で17番手、ピエール・ガスリーは1分41秒615で18番手とタイムシートの下位に沈んだ。

F1シンガポールGP フリー走行3回目は9月15日(土)の19時(現地時間18時)から行われる。

2018年 第15戦 F1シンガポールGP フリー走行2回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
17キミ・ライコネンフェラーリ1分38秒699 35
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分38秒7100.01120
333マックス・フェルスタッペンレッドブル1分39秒2210.52228
43ダニエル・リカルドレッドブル1分39秒3090.61033
577バルテリ・ボッタスメルセデス1分39秒3680.66933
655カルロス・サインツルノー1分40秒2741.57536
78ロマン・グロージャンハース1分40秒3841.68533
814フェルナンド・アロンソマクラーレン1分40秒4591.76031
95セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分40秒6331.93412
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分40秒6681.96935
1111セルジオ・ペレスフォース・インディア1分40秒7742.07530
129マーカス・エリクソンザウバー1分40秒8122.11337
1331エステバン・オコンフォース・インディア1分40秒8702.17133
1416シャルル・ルクレールザウバー1分41秒0622.36337
1520ケビン・マグヌッセンハース1分41秒1542.45532
162ストフェル・バンドーンマクラーレン1分41秒1642.46532
1728ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分41秒5422.84338
1810ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分41秒6152.91636
1918ランス・ストロールウィリアムズ1分42秒1413.44217
2035セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分42秒1813.48236


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1シンガポールGP