ホンダ F1 アゼルバイジャンGP
ホンダは、今週末のF1オーストリアGPでマクラーレン・ホンダのドライバーであるフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの二人ともが“スペック3”エンジンを走らせることを確認した。

ホンダは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行でフェルナンド・アロンソのマシンでアップデート版のパワーユニットをテスト。励みになるパフォーマンス向上を確認した。

だが、スペック3は完全にマップ化されておらず、決勝ではパワーユニット交換によるペナルティでフェルナンド・アロンソが後方グリッドからスタートすることが予め決まっていたため、予選とレースでは旧スペックのパワーユニットに戻すという決断が下された。

決勝では、フェルナンド・アロンソが旧スペックのパワーユニットで9位入賞を果たし、マクラーレン・ホンダに今シーズン初ポイントをもたらした。

その後、日本の施設での作業を経て、ホンダは今週末のレッドブル・リンクでマクラーレン・ホンダの両ドライバーが“スペック3”エンジンを使用することにゴーサインを出した。

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は「先日のアゼルバイジャンでは、マクラーレン・ホンダにとっての今シーズン初ポイントを獲得し、チームに明るい雰囲気が広がりました」とコメント。

「また、金曜日にフェルナンドのマシンでテストを行い、パワー向上を確認できたスペック3のパワーユニットを、オーストリアで2台のマシンに搭載します。」

「バクーで得られたデータを元にさらにマッピングを熟成し、競争力の強化を図ることができていると思うので、今週末のパフォーマンスを見るのを楽しみにしています」

「直前まで開発の手を止めることなく、ベストな形で週末に臨みますので、皆さんにいいレースを見せられればと思っています」

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、モントリオールやバクーほどのパワーサーキットではないオーストリアでは、シャシーへ投入するさらなるアップデートが序列をあげる助けになるはずだと語る。

「我々はシーズンを通じて開発の手を止めていないし、アゼルバイジャンの結果は心から祝えるものではないが、方向性は間違っておらず、チャンスがあればいつでも活かせることを示したと思う」とエリック・ブーリエはコメント。

「オーストリアGPに照準を合わせて開発してきたものがあるし、ホンダのスペック3のパワーユニットも投入される。中団グループの中で戦い、さらにもう一歩前進できればと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | F1オーストリアGP