ホンダ F1 オーストラリアGP
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、2017年の開幕戦となるF1オーストラリアGPへの意気込みを語った。

「チームの全員にとってチャレンジングな冬でした。もちろん、バルセロナで発生した問題によって走行時間は制限されましたし、プレシーズンの準備にさらなるプレッシャーとなりましたが、それでも大量の有益なデータを生み出すことができました」と長谷川祐介はコメント。

「パフォーマンス面ではドライバービリティを良くするためにマッピングに改善の余地がありましたし、さらなる分析によって、メルボルンの準備のためにさらに変更を施すことができました。我々が正しい方向に向かっているのはわかっていますし、シーズンを通して競争力を増していけるように努力を続けていきます」

「シーズン開幕戦として、オーストラリアGPは、ドライバー、クルマ、パワーユニットにとって非常に骨の折れるグランプリです。トラックの特性によってトリッキーで予測のできないグランプリでもあります。サーキットは、フラットで狭く、滑りやすく、速いです。週末の我々のプライオリティは、信頼性を維持しつつ、パワーユニットから最大限を引き出すことです」

「簡単な週末にはならないと思いますが、そのような挑戦に関わらず、我々はメルボルンに行くのが大好きです。ファンは素晴らしいですし、いつもホンダ・オーストラリアの仲間から素晴らしいサポートを受けています。コース上での我々の努力を通じて、我々の感謝の気持ちを示せることを願っています」

2017年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール
2017年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | マクラーレン | F1オーストラリアGP