ホンダ F1マレーシアGP アップデート
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、F1マレーシアGPで最後のエンジンアップデートを導入する予定であることを明らかにした。

ホンダは、F1ベルギーGPで内燃エンジンとターボコンプレッサーに焦点を置いたアップデートに7トークンを費やしており、今シーズンの残りは3トークンとなっている。

ジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソは、すでに各6基以上のエンジンコンポーネントを使用している。

アップデートを導入した場合、両ドライバーともにペナルティを科せられることになるが、ホンダは、日本のホームレースでペナルティを受けることを避けたがっており、マレーシアでの投入を予定している。

「我々はスパで新しいエンジンを導入しており、その時点で9レースだったので、もう1基のエンジンを導入する必要があります」と長谷川祐介はコメント。

「我々は日本でペナルティを受けたくはないので、マレーシアが都合がいいです」

「我々はまだチームとそれを議論しているところです」

「ファンは日本でペナルティを受けさせてくれるとは思いません。そうなったら、私はサーキットを歩けませんよ!」

フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの両マシンにアップデートを投入するかと質問された長谷川祐介は「そこは議論のもうひとつのポイントです」と述べた。

「レース戦術とコンストラクターズ選手権という点で、私は2台のクルマを後方にしたくありません」

「クルマを分ける戦略の方がいいかもしれません」

システムのどの部分にアップデートが導入されるかという質問について、長谷川祐介は、焦点は内燃機関のままであるが、まだ最終的な決定は下されていないと述べた。

「異なるエリアに導入するかもしれません。なぜなら、一旦、燃焼を変更してしまうとセッッティングに多くの時間がかかります。我々は今年中そこに多くのリソースを割きたくはありません」

アップグレードの潜在的なエリアに関して、長谷川祐介は“ウエイトの削減、よりタイトなシリンダーブロック、もしくはよりパワーが得られる他のエリア”だと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン / F1マレーシアGP