ホンダ 2016 F1エンジン
ホンダの2016年F1エンジンは、前作よりもパワフルになっているが、まだ信頼性が不足していると Marca が報じている。

昨年、マクラーレン・ホンダは、ターボがエンジンのVの内側に配置され、リアのタイトなパッケージを可能にした“サイズゼロ”コンセプトをデビューさせた。

英国のモータースポーツ誌は、2016年のホンダのターボは大きくなると報じ、ホンダのモータースポーツ責任者を務める新井康久もそれがメルセデスのユニットと“同じサイズ”になると認めている。

しかし、“サイズゼロ”コンセプトは継続される。

Marca によると、ホンダが初めて2016年の完全なシャシーを走らせたときから、ベンチテストでのV6ターボは“パワフル”にはなったが、“新しいターボは壊れまくっている”という。

「新しいターボは、昨年の12000rpmと比較して10000rpmと低い回転数で動いているが、まだオーバーヒートの問題がある」

マクラーレンは、2月21日にMP4-31をオンラインで発表。バルセロナテスト初日ではフェルナンド・アロンソが走行を担当するとみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン