ホンダF1の2020年09月のF1情報を一覧表示します。

ルイス・ハミルトン、レッドブル・ホンダF1への移籍を検討?!

2020年9月22日
ルイス・ハミルトン、レッドブル・ホンダF1への移籍を検討?!
元F1チームのオーナーであるエディ・ジョーダンによると、ルイス・ハミルトンはレッドブル・ホンダF1への切り替えを検討している可能性があるという。

エディ・ジョーダンといえば、最近、英国で最も裕福なジム・ラトクリフ卿が率いるイネオスがメルセデスF1チームの全株式の70%を購入する契約に合意間近であり、チームの名称はイネオスに変更され、トト・ウォルフもチーム代表としての役割を終えると発言して紙面を賑やかせている。

F1特集:レッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダの関係の変化

2020年9月22日
F1特集:レッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダの関係の変化
エネジードリンクメーカーであるレッドブルが所有する2つのF1チームの今後の共存方法に変化がみられている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングにとってアルファタウリ・ホンダF1は「ジュニアチームというよりも、むしろ姉妹チーム」と語っている。これは興味深い単語の選択と言える。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは苛立ちを吐き出す必要がある」

2020年9月22日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは苛立ちを吐き出す必要がある」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2戦連続でリタイアを喫したマックス・フェルスタッペンの不満を理解していると語り、今後のために“苛立ちを吐き出す必要がある”と語る。

F1トスカーナGPでは、マックス・フェルスタッペンのF1エンジンにスタートでトラブルが発生。スピードを失って後退したフェルスタッペンはミッドフィールドのマシンとの接触事故に巻き込まれてリタイアした。

ロス・ブラウン 「アルボンは来季のレッドブル・ホンダ残留に値する」

2020年9月22日
ロス・ブラウン 「アルボンは来季のレッドブル・ホンダ残留に値する」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、アレクサンダー・アルボンは、2021年もレッドブル・ホンダのF1シートを維持するために“十分に良い仕事をしている”と信じている。

アレクサンダー・アルボンがポイント圏外でフィニッシュしたF1イタリアGPで、昨年アルボンと交代で降格したアルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが衝撃的なF1初優勝を果たしたことで、ドライバー交代を求める声が強まった。

レッドブルF1代表 「ホンダF1とは真のパートナーシップを築いている」

2020年9月21日
レッドブルF1代表 「ホンダF1とは真のパートナーシップを築いている」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2戦連続でマックス・フェルスタッペンのF1エンジンにトラブルが発生したにもかかわらず、ホンダF1への信頼は揺るぎないと語る。

F1トスカーナGPでは、マックス・フェルスタッペンのF1エンジンにスタートでトラブルが発生。スピードを失って後退したフェルスタッペンはミッドフィールドのマシンとの接触事故に巻き込まれてリタイアした。

ピエール・ガスリー 「アルファタウリF1の野望はレッドブルと戦うこと」

2020年9月20日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリの野望はレッドブルと戦うこと」 / アルファタウリ・ホンダF1
ピエール・ガスリーは、アルファタウリ・ホンダF1にはレッドブル・レーシングに挑戦するという“大きな野望”があると語る。

レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、アルファタウリ・ホンダF1が2021年からレッドブル・レーシングの風洞を使用することを明らかにしており、アルファタウリ・ホンダF1には“トロロッソ時代のポジションを超えたいという願望”があることを示唆している。

フェルスタッペン 「チームがアルボンを続投させるかは僕には関係ない」

2020年9月20日
フェルスタッペン 「チームがアルボンを続投させるかは僕には関係ない」 / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダF1がアレクサンダー・アルボンを続投させようが放出しようが構わないと語る。

昨年中盤に成績不振のピエール・ガスリーと交代でレッドブル・ホンダF1に昇格したアレクサンダー・アルボンだが、ガスリー同様に決定的な仕事は果たせておらず、プレッシャーは増している。

レッドブル・ホンダF1 特集:過密日程を支えるロジスティクスの秘密

2020年9月19日
レッドブル・ホンダF1 特集:過密日程を支えるロジスティクスの秘密
F1チームがどのようにして各サーキット間を移動しているのか知りたいと思ったことがあるだろうか? レッドブル・ホンダF1が、タイトな開催スケジュールの舞台裏を支えるロジスティクスの実態を解説する。

F1の開催スケジュールがいつ頃から現在のような形になったのか特定するのは困難だが、話を進めるために仮定するなら、2003シーズンか2004シーズンだったはずだ。

レッドブルF1 「メルセデスはタイヤデグラデーションに神経質になっている」

2020年9月19日
レッドブルF1 「メルセデスはタイヤデグラデーションに神経質になっている」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1トスカーナGPの無線で示された通り、メルセデスはF1ロシアGPにむけてタイヤデグレラーションについて神経質になっていると考えている。

F1トスカーナGPで、メルセデスはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの両方にタイヤを保護するために縁石に近づかないよう指示を飛ばした。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム