ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、2010年ウィリアムズに移籍するとの見方が強まっている。

ハイドフェルドは、BMWザウバーに移籍する前の2005年にウィリアムズでマーク・ウェバーとチームを組んでいた。

他のウィリアムズのドライバー候補としては、ヘイキ・コバライネン、ルーベンス・バリチェロ、ティモ・グロックの名前が挙がっている。

またウィリアムズは、現在のドライバーであるニコ・ロズベルグがブラウンGPへ移籍するためにチームを離れるだけでなく、中嶋一貴もチームを離れるとみられている。

ウィリアムズのテクニカル・ディレクターであるサム・マイケルは、今もニック・ハイドフェルドを高く評価していることを認めている。

「クビサに対して、ニックはとても良さそうに見える。彼のキャリアが終わったというのは馬鹿げている」

ウィリアムズは2010年のルーキのニコ・ヒュケンベルグのチームメイトとして経験豊富なドライバーを探している。

「みんなテストができないことをわかっているので、現在、経験豊富なドライバーのアドバンテージは大きい。ルーキーを雇うのがリスクなのは間違いない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・ハイドフェルド / ウィリアムズ