ルイス・ハミルトン 「予選でDRSに問題がなければ勝てたかもしれない」 / メルセデス F1ハンガリーGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で2位表彰台を獲得。予選でのDRSの問題がなければ、ペース的には勝利を狙えるものがあったと考えている。

チームメイトのジョージ・ラッセルは、ポールポジションを獲得したが、ルイス・ハミルトンはQ3最後のアタックでDRSが使えないというトラブルに見舞われて、7番手タイムにとどまった。

しかし、予選でのメルセデスF1の最強のパフォーマンスの後、その兆候は決勝でも引き続き良好だった。

レースの最後のスティントでルイス・ハミルトンがソフトタイヤに交換したことはエキサイティングな選択だった。シャルル・ルクレールにハードタイヤに履かせるというフェラーリの決定が裏目に出たこともあり、ルクレールはソフトタイヤのために再びストップを余儀なくされ、ハミルトンの後ろに後退した。

ルイス・ハミルトンは、ラインを通過した後、無線でメルセデスF1チームに感謝の意を表し、スタートポジションが妨げられていなければ、レースに勝つペースがあったと感じていたことを明らかにした.

ルイス・ハミルトンはチーム無線で『みんな、素晴らしい仕事をしてくれた。チームにとって何という結果だろう。みんなのためにとても幸せだし、感謝している』と語った。

『あのDRSの問題がなければ、勝てるペースがあっただろう』

メルセデス W13 を降りた後の最初のインタビューでルイス・ハミルトンは「昨日DRSが問題なく、もう少し良い予選ができていれば、僕たちは勝利のために走っていただろう」とコメント。

「でも、どちらにせよ、2戦連続で2位で入賞できて、本当に嬉しい」

レースが終盤に差し掛かると雨が降り出し、インターに切り替えるほどではなかったが、激しくなり始めた。

最終的に、マックス・フェルスタッペンがトップでチェッカーフラッグを受けるまでコンディションは持ちこたえたが、レースがまだ進行している間により激しい雨が到着していれば、ルイス・ハミルトンは勝利に挑戦するチャンスを得られたかもしれないと感じている。

メルセデス W13が機能するようになったことに気温が下がったことが重要だったかと質問されたルイス・ハミルトンは「間違いなく、もう少し涼しくなれば、僕たちにとってもう少しうまく機能したと思う」とコメント。

「正確な理由は言えないけど、感謝している。マックスに挑戦できるように、最後に雨が降ることを望んでいたけど、周回数が足りなかった」

「この1年を振り返り、前進し始めたことを考えると、非常に満足しているし、素晴らしい気分だ」

「先週(フランスで)2位になったのは大きかったし、2レース連続でジョージと僕が表彰台を共有できたのは素晴らしいことだ」

「7番手スタートでここまで順位を上げられたことは素晴らしいリカバリーだ。レースは、最初のミディアムタイヤのスティントで失ったけど、レースの2番目と3番目のパートはかなりエピックだった」

「勝つ可能性はあった。2人ともそこにいれば、サポート戦略で協力できたかもしれない。でも、後半にこのペースを保つことができれば、僕たちはレッドブルやフェラーリと戦うことができる」

「初めてフェラーリと戦えたことは大きなことだ。レッドブルは前にいる。マックスがスピンして10秒早くフィニッシュしたという事実がそれを十分に物語っているけど、我々はまだ大きな進歩を遂げているので、過去2レースでの一貫性と2つの2位表彰台を獲得できたことは大きな希望を与えてくれる」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ハンガリーGP