ルイス・ハミルトン 「フランスの状況が続くなら優勝争いはしばらく先」 / メルセデスF1
F1フランスグランプリの予選をポールタイムから0.8秒以上の差で終えたルイス・ハミルトンは、、この状態が続く場合、メルセデスF1が勝利を争えるようになるには「しばらく時間がかかる」と考えている。

ポール・リカールのスムーズな路面とトラックレイアウトは、メルセデスW13の強みが生かされ、フロントランニングのライバルであるレッドブルとフェラーリに向けて一歩を踏み出すことが期待された。

しかし、メルセデスF1は、フリープラクティスから上位争いに絡むことはできず、ルイス・ハミルトンとチームメイトのジョージラッセルが予選でそれぞれ4位と6位で終えた。

予選を4番手で終えたルイス・ハミルトンは、Q3の最後のアタックは「本当に良い」と感じ、「美しいラップ」と呼んだが、シャルル・ルクレールのポールポジションタイムから0.893秒遅れただった。

「どういうわけか、今週末はかなり離れているようだ。実際、パック全体がそうなっている」とルイス・ハミルトンは語った。

「上位2チームは本当に独自のリーグにいる。でも、FP1を逃したことで間違いなく後手に回った。僕たちの進歩には本当に満足しているし、ファクトリーのすべての人が僕たちと一緒に進歩するために本当に一生懸命働いてくれた」

「今日は一歩後退したけど、予選に入るとなんとかそれを上げることができた」

落とし、メルセデスF1はまだ3位以上でレースを終えていないが、ルイス・ハミルトンはシーズンが終わるまでにチームが勝利のための戦いに戻ることができると固く決心している。

その勝利がいつ到着するかを正確に特定できるかと質問されたルイス・ハミルトンは「正直、今週末彼らのコンマ3秒以内になることを期待してここに到達したけど、僕たちは1秒遅れている」とコメント。

「僕たちが望んでいたコンマ3秒があり、次のレースでコンマ2秒を縮めることができれば、ブダペストで戦えるだろう」

「でも、このような感じなら、それはしばらくの後になるあろう。でも、不可能ではない」

ルイス・ハミルトンは、フェラーリとレッドブルとのギャップはストレートでのロスだとし、Q3の最終ラップでの最初のセクタータイムは「彼らと同じくらい速かった」と述べた。

「それはすべてストレートであり、僕たちは多くを失っている」とルイス・ハミルトンは語った。

「その高速セクション、最後の数コーナーを通して、彼らは僕たちに大きく引き離している。彼らはコーナーでのドラックが少なく、ダウンフォースが大きいようだ」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームはフランスに到着したときには「勝利のためにレースをするだろうと思っていた」と述べ、勝利がどれだけ離れているかについてのルイス・ハミルトンの懸念を繰り返した。

「他のトラックでは反対方向に同じスイングができることを願っている」とトト・ヴォルフは述べた。。

「ここで何が起こったのか、そして、それが明らかに根本的なものであるか、今年は勝利を目指して競争することができるかを調べていく」

「来年の方向性が必要なので、勝利はまだ目標である必要がある」

ルイス・ハミルトン F1 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1フランスGP