ルイス・ハミルトン 「F1で最もタフな相手はフェルナンド・アロンソ」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、彼のF1キャリアの中で“純粋なペース”で直面した最もタフな相手として、元マクラーレンのチームメイトであるフェルナンド・アロンソを挙げた。

今週末、ルイス・ハミルトンは、F1での300回目のグランプリを迎え、F1史上6番目のマイルストーンに到達するドライバーになる。

ルイス・ハミルトンは2007年にF1デビューを果たし、2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを獲得してルノーを離れたフェルナンド・アロンソとともにマクラーレンに加入した。

ルイス・ハミルトンは、マクラーレンで6シーズン過ごした後、2013年にメルセデスF1に移籍し、成功の大部分を享受してきた。

F1フランスグランプリの記者会見で、彼のキャリアの中で直面した最もタフな対戦相手は誰かと質問されたルイス・ハミルトンは「誰が最強の競争相手であるかを言うのは難しいと思う。なぜなら、毎回、人生のさまざま地点で誰かといるからね」とコメント。

「22歳のときにフェルナンドと一緒にいたことのタスクを覚えている。僕は精神的にとても若く、もちろんスキルの面では問題なかったけど、彼のような偉大な人物に立ち向かうことは大きなプレッシャーだった」

「純粋なペースと能力で言うならば、フェルナンドとだと言えると思う。僕たちはいくつかの良いバトルをした。もっと多くのバトルができることを願っている」

「彼がレースを続けることを願っているし、将来もっと多くのバトルができることを願っている」

当時、記者会見場でルイス・ハミルトンと一緒にいたフェルナンド・アロンソは、F1での彼の元チームメイトの成功を称賛した。

「正直言って、彼は2007年以来あまり変わっていないと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「彼はすでに2007年に才能を持っていたけど、今でも経験とともに、才能を持っている」

「彼は素晴らしいドライバーであり、僕たちのスポーツのレジェンドでもある。ですから、このような時間を彼と共有することは常に喜びだ。当時は、おそらく誰もミハエル([シューマッハ)のように誰かが7回のタイトルを獲得できるとは思っていなかったはずだ」

「でも、その旅は驚くべきものだったし、ここ数年メルセデスで構築したチームの全員が素晴らしかったと思う」

「300回目おめでとう。近いうちにまた勝つことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェルナンド・アロンソ / メルセデス