ルイス・ハミルトン、中途半端な戦略に苛立ち「タイヤ無交換でもいけた」 F1トルコGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1トルコGPの3位表彰台のチャンスを犠牲にした中途半端な戦略に苛立ちを露わにした。

4基目のエンジン投入による10グリッド降格ペナルティで11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、ウエットレースとなったF1トルコGPで力強い進歩を遂げていた。

レース終盤、ルイス・ハミルトンは、優勝したバルテリ・ボッタス、2位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンの後ろの3番手を走行し、ダメージリミテーションとなる表彰台を獲得するチャンスがあるように見合た。

だが、路面はスリックタイヤでは滑りすぎる状態であり、ピットストップ戦略は困難なものとなった。メルセデスの優柔不断な決断によって、ルイス・ハミルトンは潜在的に2つのポジションと5ポイントを犠牲にした。

多くのドライバーは58周のレースの36周目~38周目に新品のインターミディエイトに交換した。ルイス・ハミルトンは42周目に『ボックス、ボックス』と言われたが、決定に疑問を呈し、チームは検討した結果、ハミルトンがステイアウトすることを許可した。

そのままタイヤ無交換で走り切れるかと思われたが、51周目に再びピットインの指示が出た。今後はルイス・ハミルトンも『わかった。OK』と決断を受け入れた。

しかし、シャルル・ルクレールの後ろの5番手でコースに復帰したルイス・ハミルトンは、新品タイヤのグレイニングによって後退し始め、ピエール・ガスリーが後ろから迫ってきた。

『どうして、あのスペースをあきらめたんだ?』とルイス・ハミルトンは無線でレースエンジニアのピーター・ボニントンに尋ねた。

『入るべきではなかった。グレイニングが酷い』

後ろのピエール・ガスリーとのタイム差を告げられたルイス・ハミルトンは怒って『放っておいてくれ』と叫んだ。

結局、タイヤが戻ってきたことで、ルイス・ハミルトンはピエール・ガスリーを抑えることができたが、それでも残り6レースでマックス・フェルスタッペンに逆転を許して6ポイント差をつけられた。

ルイス・ハミルトンは、もっと早くピットインするか、タイヤ無交換で走り切るかをもっとはっきりすべきだったと語った。

ピットインすることで順位を失うことに気づいていたかと質問されたルイス・ハミルトンは「あの時は分からなかった。でも、失うだろうとは思っていた。15秒遅れで、ピットストップに24秒かかるので、1つは失うと分かっていたけど、どっちにしろ・・・」と Sky F1 にコメント。

タイヤ無交換で最後まで走り切れると思っていたかと質問されたルイス・ハミルトンは「(エステバン)オコンが走り切ったと聞いたし、走り切れたかもしれない。タイヤは剥げていたので、どれくらい持ったかはわからないし、もちろん、タイヤの寿命はちょっと心配だった」

「でも、最後はあまり速くなかった。苦労していたし、グリップが低かった。理由はよく分からないけど、突然、それほどペースは悪くなくなった。でも、後ろのドライバーに対してパフォーマンスを失っていた」

「後から考えると、ステイアウトするか、8周早く入るべきだったかもしれない。残り8周で入って、乾いているトラックでインターミディエイトのグレイニングフェーズを乗り越える時間がなかったし、そこからスライディングフェーズ全体を経験して、もっと多くのポジションを失いかけていた。ちょっとフラストレーションを感じるけど、仕方ない」

「3位になれたといいと感じていたし、これを保持できれば、11番手スタートから素晴らしい結果だと考えていた。駄目だったけどね・・・でも、もっと悪い結果だった可能性もある」

「クルマから降りたばかりなので、すべての情報を持っているわけではない」

「直感はステイアウトすべきだと思っていたし、そうするべきだったと思っている。直感に従わなかった自分にイライラしている。でも、僕はチームとして働いているので、アドバイスを受けながらベストを尽くした」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1トルコGP