ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダとのポール争いは接戦になる」 / メルセデス F1ポルトガルGP 金曜フリー走行
メルセデスはF1ポルトガルGPの金曜日の両方のプラクティスセッションでタイムシートのトップに立ったが、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの二人ともが、予選ではレッドブル・ホンダとポールポジションをかけたエキサイティングな戦いになると予想する。

FP1ではバルテリ・ボッタスがマックス・フェルスタッペンにわずか0.025秒差でトップタイムをマークしたが、FP2ではルイス・ハミルトンがその差を0.143秒差まで広げた。

しかし、すべてのドライバーが風の強いコンディションとポルティマオの滑りやすい路面に苦しんでいたため、ルス・ハミルトンはポールポジションをめぐる戦いはメルセデスとレッドブル・ホンダとの間でタイトなものになるだろうと語る。

今週末、100回目のポールポジションがかかっているルイス・ハミルトンは「接戦になるとと思う」と語る。

「僅差だったと思う。FP2のマックスのラップがどうだったかは分からないけど、僕のラップは完璧ではなかったので、マシンからもっとタイムは引き出せるし、いくつかの改善が確実にある。彼らもそうだと思うけど、過去2レースは僅差だったのでエキサイティングだ」

「誰もが今日はバランスに苦労しているように思う。今日はマシンをコース上に留めておくことが本当にチャレンジだった」

バルテリ・ボッタスは、まだ「かなりルーズ」なW12で快適には走ることに苦労していることを認め、土曜日のポールポジションの決定要因は、金曜日の夜のデータ処理からメルセデスとレッドブルのエンジニアが彼らのマシンでどれだけタイムを見つけることができるかに帰着する可能性があると付け加えました。

「僕たちがその辺にいるのを見るのは良いことだけど、間違いなく僅差になるだろう」とバルテリ・ボッタスは語った。

「かなり滑りやすいターマックだ。特にマシンの後部は場所によってはかなりルーズなので、簡単ではなかった。クリーンなラップを得るのは簡単ではない」

「個人的に、今日はコンパウンドを柔らかいほどマシンはトリッキーになったし、実際にはミディアムタイヤがこれまでで最高のタイヤであることがわかった・・・明日はタイヤのウォームアップが本当に重要になるだろう。予選に関しては正しいタイヤを履きことが大きな違いになるので、それが僕たちにとって非常に優先度の高いことだ」

レッドブル・ホンダF1との戦いについて「接戦になると思う。正確に言うのは難しい」とバルテリ・ボッタスは語る。

「ソフトを履いたFP2では、ラップタイムがあまり良くなかったので、接戦になるだろうし、どちらの方向にも降れるかの可能性があると思う。一晩でより多くのラップタイムを見つけた人がポールに立つことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ポルトガルGP