ルイス・ハミルトン 「トップドライバーはメルセデス移籍を望んでいる」
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、ライバルたちはメルセデス移籍を望んでおり、チーム代表のトト・ヴォルフに連絡していると語る。

2020年にはルイス・ハミルトンだけでなく、チームメイトのバルテリ・ボッタス、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがチームとの契約の期限を迎える。

2019年シーズンのFIA授賞式で、ルイス・ハミルトンは2021年のドライバー市場がすでに関心を投げかけていると語り、授賞式に出席した他のドライバーたちはメルセデスのF1チーム代表のトト・ヴォルフを追いかけていると語った。

マックス・フェルスタッペンは、今シーズンを通して2021年のメルセデス移籍に噂されていろい、ルイス・ハミルトンが話す直前にステージに上がっていた。また、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソもトヨタのWECチャンピオンのひとりとして授賞式に出席した。

「至る所でポジションを探しているドライバーがたくさんいるので、面白い時期だ」とルイス・ハミルトンは語った。

「トトは最近ここに来ていたドライバーを含め、あらゆるドライバーからの電話について話している。誰もがチームを離れて、僕たちがいる場所に来ようとしている。誰もが勝ちたいと思っているし、それは理解できることだ。彼らは皆、勝利のフォーミュラの一因になりたいと思っている。

「しかし、現時点ではそれがストレスの多いものだとは思わない。僕とトトの間には常に明確なコミュニケーションがある。秘密は一度もなかったし、それは変わらない」

マックス・フェルスタッペンとフェルナンド・アロンソに加えて、他にもフォーミュラEでタイトルを獲得したジャン・エリック・ベルニュ、F2でチャンピオンを獲得したニック・デ・ブリースなどが授賞式に出席した。

ルイス・ハミルトンは、6年間で5回のタイトルを獲得したメルセデスに留まることが2021年の最終戦事項だと以前に語っている。

しかし、ルイス・ハミルトンは意思決定に「それほど多くのエネルギーを注いでいない」ことを繰り返し、契約交渉を楽しみにしていないことを認める

「自分がいる場所が大好きだし、一緒に働く人々のことが大好きです」とルイス・ハミルトンはコメント。

「だから、自分が愛するものから離れることは本当に難しい。チーム、組織、ボスに至るまでね。僕は13歳の時からメルセデスにいるし、他の場所で自分を想像するのは本当に難しい」

「過去7年間に構築したもの、明らかにメルセデスがそれよりも長く働いてきたものは支配的であり、強い力だ。深みのある強さ、一貫性を構築するのに時間がかかったと思う。一晩でやってくるものではない」

「現在、他のチームには僕たちが構築してきたような要素はない。そして、それらを構築するには時間がかかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス