F1 ルイス・ハミルトン セバスチャン・ベッテル
F1カナダGPで勝利したルイス・ハミルトンは、表彰台セレモニーで2位に降格したセバスチャン・ベッテルを表彰台の頂点に立たせた。

レースはポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルが終始リードを守ってトップでチェッカーを受けたが、5秒加算ペナルティによって2位に降格。ルイス・ハミルトンが今季5勝目を挙げて表彰台の頂点に立った。

裁定に不満を抱いたセバスチャン・ベッテルは、表彰台の位置にマシンを停めずにレースコントロールの近くに駐車し、トップ3インタビューを受けずにホスピタリティエリアへと直行。表彰台セレモニーに戻るよう促されたベッテルは、途中でルイス・ハミルトンのクルマの前からナンバー1ボードを取り上げて、自分のマシンが駐車されるべきだった場所に置き、ハミルトンのマシンの前にナンバー2のボードを置いて抗議した。

表彰台セレモニーでは、ルイス・ハミルトンがセバスチャン・ベッテルを表彰台の頂点に立たせ、リスペクトを示した。

レース後、ルイス・ハミルトンは「フェラーリは今週末、素晴らしい仕事をしていた。彼らはストレートでとても速かったし、セバスチャンは素晴らしいレースをした。彼らについていくために全力を尽くさなければならなかった」とコメント。

「最高の気分ではないし、こういう形でレースに勝つのは本意ではない。でも、今日はチームを誇らしい気持ちにするために全力で戦ったし、それを実現したと感じている」

表彰台でのインタビューで、セバスチャン・ベッテルはインシデントやペナルティを議論することを断った。

「もう十分に言ったと思う。みんなにどう考えているか聞いてみるべきだ。僕たちは素晴らしいショーをみせた。みんなに聞いてみて欲しい・・・」

観客がルイス・ハミルトンにブーイングを始めるとセバスチャン・ベッテルは「ルイスにブーイングするべきではない。彼は起こったことを見ていた・・・でも、ルイスにブーイングするべきではないと語った。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | セバスチャン・ベッテル | F1動画 | F1カナダGP