F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1カナダGPで逆の立場だったら自分もセバスチャン・ベッテルと同じことをしただろうと語る。

セバスチャン・ベッテルは、ターン4でコースオフして復帰した際にルイス・ハミルトンをウォールに追いやったとして5秒加算ペナルティを科せられた。それによってトップでチェッカーを受けたものの待望の今季初勝利を逃すことになった。

問題のセバスチャン・ベッテルのドライビングについて質問されたルイス・ハミルトンは「リプレイを見たけど、とても近かったのは間違いない」とコメント。

「僕に言えるのは、もし僕がリードしていて、ミスをして膨らんでしまっていたら、同じことをしていだろう」

「一瞬で起こることだし、とにかくポジションを守ろうとするものだ。同じことをすると言ったのは、僕も彼を絞ろうと試みただろうという意味でね。それが最終的に起こったことだ。それによって僕の意見は変わらなかった」

「ルールに関しては、ルールがなければ、そのまま続けてクラッシュしていただろう。どっちがどうとかではなく、もっと酷い結果になっていたかもしれない」

ルイス・ハミルトンは、無線でセバスチャン・ベッテルが危険な方法でコースに戻ってきたとエンジニアに伝えている。

「通常、最初の本能的なことが正しいものであることがよくある」とルイス・ハミルトンはコメント。

「リプレイと自分のデータを見れば、ターン4の出口で僕はブレーキをかけなければならなかった。そこに危険はありましたし、僕がそれをしなければ、僕たちはクラッシュしていただろう。それについて何の違いも感じていない」

「それはドライバーの視点から見たものだ。視聴者として見ているものとは異なるけど、ドライバーとしてはうまくいっていないので『くそ!』と思うものだ。ポジションを失わないように絞ろうとするものだ」

「それは僕たちの自然な本能だ。『血祭りにあげてやろう』などとは思わない」

「彼は僕をブロックしていたけど、残念ながら、彼はコースオフした。そして、それがレギュレーションで定められていることだ」

ルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテルが“素晴らしいレースしている”と感じていたことを明らかにした。

「少しコースオフしたことを除いて、彼は素晴らしい仕事をしていた」とルイス・ハミルトンはコメント。

「今週末、フェラーリはとても強かった。本当に手ごわい勢力だった。彼らとバトルができたのはとても運が良かったと思う。例えば、彼らがフロントローに並んでいたら、彼らは1-2だったかもしれない。でも、幸運なことに僕はそれを阻止することができた」

「正直なところ、第1スティントの序盤は『マジかよ、彼は本当に速い。ついていくのは大変だ』と思っていた」

「でも、それから彼と一定の距離を保つことができたし、第1スティントの終盤には少し近づくことができた」

「その後、彼がピットインして、僕はステイアウトした。後から考えれば、僕たちはそうすべきではなかったかもしれない」

「そうしたら、突然の第2スティントで良いペースを発揮できたし、『OK、僕たちはまだ戦える』という感じだった」

関連:【動画】 ペナルティの対象となったベッテルのコースオフ / F1カナダGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | セバスチャン・ベッテル