F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、長年の野心であるMotoGPマシンのテストを実現することができるかもしれない。

ルイス・ハミルトンは、自分がMotoGPのファンであることを明らかにしており、昨年、オートバイブランドのMVオーガスタのアンバサダーに就任。コラボレーションモデル『F4 LH44』が世界限定44台で発売されている。

また、昨年12月には世界スーパーバイク選手権に参戦するヤマハのワークスチームのバイクをヘレス・サーキットでテストしている。

1月28日(月)、ヤマハの新たなサテライトチームである『ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チーム』が発表会を開催。メルセデスF1チームと同じペトロナスがスポンサーを務めており、MotoGPテストへの道が開けた。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシングのチーム代表ラズラン・ラザリは、ルイス・ハミルトンのMotoGPバイクでのテストが実現しても驚くことはないと語る。

「ペロトナスは、仕事においてエンゲージントと活性化について非常に積極的だ。遅かれ早かれルイス・ハミルトンが関与することになっても私は驚かないだろう」とラズラン・ラザリはコメント。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームの2人のライダーも近い将来にルイス・ハミルトンのMotoGPテストが実現するだろうと考えている。

フランコ・モルビデリは「ルイスが僕のMotoGPバイクを試したければ、すぐに彼に与えることができる。たとえ、僕がF1カーを試せなかったとしてもえ」とコメント。

一方、ファビオ・クアルタラロはできればマシンを交換してF1マシンをドライブしてみたいと語る。

「彼のクルマを試すのは夢だね! 僕はF1が大好きだ。地元ではカートをしている。自分のクルマを運転するのも好きだ。公道ではあまり速く走ってはいないけどね!」

MotoGP ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チーム関連:MotoGP | ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームが発表会

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | MotoGP