ハースF1チーム、ミック・シューマッハとの2022年限りでの契約終了を発表
ハースF1チームとミック・シューマッハは、2022年F1世界選手権の終わりに別れを告げることを発表した。

ミック・シューマッハは、F2チャンピオンシップで優勝した2020年12月にハースF1チームに加入した。F1での2シーズンのフル参戦で、シューマッハはハースF1チームで2022年のF1イギリスGPで6位というベストリザルト結果を記録した。レッドブルリンクで行われた2022年オーストリアグランプリで初ポイントを獲得して8位に入ってから1週間後のことだった。

現在、ミック・シューマッハは、2022年のドライバーズランキングで12ポイントを獲得して総合16位につけている。

「過去数年間、チームに貢献してくれたミック・シューマッハに感謝したい」とハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「ジュニアカテゴリーでのミックの血統はよく知られており、ハースF1チームに在籍中もドライバーとして成長と発展を続けており、今シーズン初めにF1で初めてポイントを獲得する成功を収めました。我々は将来のために別々の方向に進むことを選択したが、チーム全体がミックのキャリアパスとその先の次のステップがうまくいくことを願っている」

関連:ハースF1チーム、ニコ・ヒュルケンベルグの2023年の起用を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ