ハースF1代表 「マネーグラムとのタイトルスポンサー契約で予算上限に到達」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、新しいタイトル スポンサー契約のおかげで、2023 年からF1予算上限のレベルで運営できるようになると語る。

ハースF1チームは、F1アメリカGPに先立って、2023年から米国の決済会社マネーグラム(Money Gram)がタイトルスポンサーとなることを発表した。年間2000万ドル(29億6200万円)の3年契約は、ロシアのウクライナ侵攻後、2月に元タイトルスポンサーのウラルカリとの契約を終了したハースにとって大きな後押しとなる。

ハースF1チームは、ウラルカリの喪失がチームの運営に影響を与えることはないと常に主張していたが、将来的に新しいパートナーを見つけることに熱心だった。

2016年にグリッドに参加して以来、ハースF1チームは、伝統的に最小のF1チームの1つであり、シーズンあたり1億4000万ドルの現在の予算上限を下回っている。

しかし、チーム代表のシュタイナーは発表後、マネーグラムとの契約により、予算上限に達し、他のチームと同等の支出ができるようになると語った。

「この契約により、予算上限に達することができ、誰もが同様のプラットフォームを利用できるようになる」とギュンタ・シュタイナーは述べた。

「明らかにビッグチームは、予算上限外でより多くを費やすことができる」

「予算上限については、中長期的には表彰台を争えないという問題はもうあってはならないと私はいつも言ってきた。それが私たちがやりたいことだ」

「この契約により、数年以内に表彰台を争うことができるための一歩を踏み出すことができると思う。来年は約束しない。なぜなら、私たちは非常に悪い2年間から戻ってきたところだからだ。かなり回復したし、これからも改善していう」

ハースF1チームは、次期レギュレーションにすべての開発を集中させた困難な 2021年シーズンを通じて、ポイントを獲得できなかった。

今年、ハースF1チームはシーズンを力強くスタートし、ケビン・マグヌッセンがバーレーンで5位フィニッシュを達成したが、その後ミッドフィールドの後方に滑り落ちた。現在、チャンピオンシップで8位に位置し、9 位のアルファタウリとわずか1ポイントリードしている。

ギュンター・シュタイナーは、ハースF1チームがコスト上限で運営することから完全に利益を得るには「時間がかかる」と強調したが、この取引は「ハースF1の次のレベルへのステップであり、同じレベルの他の人々と実際に戦うことができる」と述べた.

「今、良い仕事をするのは我々次第だ。ご存知のように、私はハードワークすることや、特定のことを達成するためにチームにハードワークするように頼むことを恐れたことはない」

「それは、私がここにいる限り、やり続けていくことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1スポンサー