ハースF1チーム、ミック・シューマッハの車の修理費用は1億円以上
ハースF1チームは、F1サウジアラビアGPの予選で大破したミック・シューマッハの車の修理に100万ドル(約1億2200万円)がかかることを明らかにし、エンジンとサバイバルセル以外のパーツはすべて壊れたと語った。

ミック・シューマッハは、Q3進出をかけてF1サウジアラビアGPの予選を戦っていたが、Q2のターン10の出口で縁石に乗り上げてVF-22のコントロールを失い、ターン11の外側のコンクリートウォールに33Gの衝撃に激突。マシンはサーキットの反対側まで滑ってバリアにぶつかり、最終的にターン12で停止した。

ミック・シューマッハは、事故で怪我を免れ、搬送された病院で予備的検査を受けた後、夜に退院できたが、車はそうはいかなかった。

ハースVF-22は四隅すべてが衝撃で壊れ、マーシャルによって持ち上げたときにはギアボックスが脱落。ハースF1チームに高額な修理費用がかかることは一目瞭然だった。

その後、ハースF1チームでガレージでミック・シューマッハの車を踏査したが、無傷で逃れることができたものはほとんどなかったことが確認された。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは「シャシー自体は壊れていないようだ。サイドインフラストラクチャはあり、変更することができる」とコメント。

「もちろん、シャシーを本格的にチェックする必要があるが、正直言ってそれほど悪くはないようだ」

「エンジンもフェラーリから大丈夫そうだと言われていr。バッテリーパックもね。だが、残りはすべて壊れた」

可能性のある修理代金を問われたギュンター・シュタイナーは、100万ドルにもなる可能性があると推定した。

「左フロントを除いて、すべてのサスペンションがなくなったので、費用はかなり高いと思う。他にもまだ何かがあると思う」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「残りはただのカーボンパウダーだ。金銭的なことは分からないが、ギアボックスの間のボディワーク全体がなくなり、ラジエーターもなくなった。50万ドルから100万ドルくらいだと思う」

今年はF1の予算上限によってF1チームは厳しい支出制限に直面しているため、ギュンター・シュタイナーは、チームは損害額w概算で確保しておく必要があったと述べており、ミック・シューマッハのクラッシュが物事にあまり影響を与えることはないが、事故が繰り返されれば、頭痛の種を引き起こすだろう。

「わずかな金額は確保してある。だが、レーシングチームにはこのようなリスクはつきものであり、通常の商業ビジネスのように予算を守ることはでない」とギュンター・シュタイナーは語った。

「もちろん、不測の事態は起こるものだ。だが、このようなものが2つか3つの場合は、非常に迅速に不測の事態が発生することはない」

「それは損失だ。とにかく管理する必要がある。もちろん、これ以上多くならないことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ / F1サウジアラビアGP