ハースF1チームの2022年のフェラーリの“コピー”の競争力に警戒の声
ハースF1チームは、2022年にスクーデリア・フェラーリの“コピー”でレースをすることでミッドフィールドで躍進することになるかもしれない。

昨年、ハースF1チームは、新しいF1レギュレーションが導入される2022年に完全にリソースを割り振って、2021年マシンを開発しないことを決定。その結果、1ポイントも獲得できずにコンストラクターズ選手権を再開で終えた。

だが、2021年を通して、ハースF1チームは、イタリアにあるフェラーリのマラネッロ本社の敷地内に新たに施設を設置。これはスクーデリア・フェラーリの予算上限への対応の一環だが、ハースF1チームはレギュレーションで許可されたパーツを購入する以上の技術的な情報をその敷地内で共有できたはずである。

その結果として誕生した新しい白と赤のハース VF-22は、フェラーリ F1-75と類似したサイドポッドを備えており、プレシーズンテストでミック・シューマッハとケビン・マグヌッセンの手によって驚くほど速いことが証明された。

新しいハースF1チームの車に関して、多くのインサイダーは感銘を受けているが、彼らはF1プレシーズンテストで間違いなくフィールドをリードしていたフェラーリとの類似点を見ている。

「フェラーリのコピーであり、後ろから真ん中に移動している。それは非常に大きなことだ」と元F1ドライバーのクリスチャン・ダナーはSport1に語った。

ハースF1チームとスクーデリア・フェラーリの車の類似点は、ライバルチームによっても注目されている。

マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは「ハースとフェラーリについて具体的に話すことはできない」と前置きした上で次のように語った。

「でも、願して、このような関係がレギュレーションの範囲内で存在する可能性があることは周知の事実だ。現時点において、それがどの程度なのかが気になるところだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / フェラーリ / F1マシン