ハースF1代表 「発表が遅れたのはシューマッハとフェラーリの契約問題」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年のドライバーラインナップの発表が遅れた背景にはミック・シューマッハとフェラーリとの契約の問題があったと語る。

ハースF1チームは、F1ロシアGPに先立って9月23日(木)にミック・シューマッハとニキータ・マゼピンが2022年もチームに残留することを発表。同じラインアップで2シーズン目を迎えることが決定した。

二人のドライバーの残留は長い間決定事項と見なされていたが、2022年のドライバーマーケットが動くなかで正式発表がなされなかったことで、特にミック・シューマッハについてはアルファロメオ移籍の推測が飛び交った。

しかし、木曜日にメディアの取材に応じたギュンター・シュタイナーは、発表を行うために、ミック・シューマッハのフェラーリとの“長期”契約の最終的な詳細が承認されるのを待っていたと明かした。

「ずっと言っていたように、問題は見られなかったが、署名はされていなかった」とギュンター・シュタイナーは語った。

「すべてが完了するまでは、出て行って『すべてが完了した』とは言えなかった」

「ミックはフェラーリと長期契約を結んでいるが、私は詳細はわかないので、それについては聞かないでほしい。彼らはいくつかのことを解決しなければならず、それが時間がかかった」

「全体として、私はそれが正しい方向に進んでいることを知っていた。いくつかのことを整理する必要があるだけだった。それが唯一の理由だった」

「いつも言っていたように、正しい方向に進んでいたが、署名されていなかった。署名されるまで、何も発表できない」

その遅れは、他のドライバーと話をすることを促したかと質問されたギュンター・シュタイナーは「いいや。我々はそれら確認しなければならなかったので、私は他の誰とも話はしなかった。それは自然な選択だ」

ギュンター・シュタイナーは、ハースF1チームとしては当初はモンツァで開催されたイタリアGPで2022年のドライバープランを発表する予定だったと語った。

「モンツァでそれを行うことが目標だったが、我々はそこに到達しなかった」とギュンター・シュタイナーは説明した。

「正直なところ、モンツァでアナウンスをする予定だった。ブレーキングポイントを少し逃したし、オーバーシュートしてしまった」

「したがって、ここでそれを発表した。ここでそれを行った理由は他にはない。しかし、私は他のドライバーとは決して話はしなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ