ハースF1 小松礼雄 「2人のルーキー起用は歓迎できる挑戦」
ハースF1チームのチーフレースエンジニアを務める小松礼雄は、2021年に2人のルーキードライバーをラインナップするという挑戦を歓迎していると語る。

ハースF1チームは、昨シーズンの終わりにロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンを放出し、代わりにミック・シューマッハとニキータ・マゼピンという2人のルーキーとサインアップすることを選んだ。

ペアは今年の最初の6ラウンドでまだポイントを獲得できておらず、ニキータ・マゼピンはコース内外の行動でいくつかの波風を立てている。

ハースF1チームは、すでに今季マシンであるVF-21の開発をストップし、2022年の新世代F1マシンに集中しているが、小松礼雄は状況ついて前向きだと語る。

「それは挑戦的でしたが、良い意味での挑戦です」と小松礼雄は主張する。

「彼ら二人にとっては、すべての週末ごとに学ぶことができます。定期的に表彰台に立っているドライバーがいるなら、彼らはマシンがまともであることを期待します。このようなマシンでは非常にイライラするでしょう」

「もちろん、ミックとニキータももっと良いマシンの方が好ましいと思いますが、今のところ世界の終わりではありません。彼らはとにかくパッケージを最大限に活用することに集中しています」

「彼らは脚光を浴びておらず、ポイントや表彰台を争っていないので、プレッシャーはかかっていません。彼らは自分自身を改善すること、マシンを学ぶこと、セッションを実行する方法、データの見方、エンジニアとの仕事の仕方を学ぶことに集中することができます」

昨年シーズンは、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは298回のレース経験があるにもかかわらず、チーム全体でわずか29ポイントを獲得して終了した。

ハーレーンにむけてグランプリ経験がゼロのドライバーラインナップへの切り替えは、2016年にF1に参入したアメリカのチームにとって新たなスタートのように感じる。

「今年が厳しい年になることはわかっていました。パンデミックによって、昨年はプログラムを中止しなければならなりませんでした」と小松礼雄は Formula1.com に語った。

「会社は非常に困難な状況にありました。それは今年のマシンで働く出発点がとても遅かったことを意味しました」

「それで、私たちは損失を減らすことに決めました。今年は移行年になることは分かっています。私たちは得たものに対処し、すべてを来年のマシンに送り込む必要があります」

「来年はまだいくつかの面で遅れをとっています。来年のマシンに100%集中しているときでさえそれはあります」

「それは私たちをミッドフィールドにまっすぐに戻すのでしょうか? そんなに簡単なことではないと思っています。私たちは妥協した立場から始めています」

「私たちは2人の新しいドライバーと協力し、彼らを最大限に活用しようとし、マシンの挙動がどのようなものかを彼らに理解させようとし、可能な限り改善しようとすることに集中できます」

「今、新しいチームを作り始めているようなものです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース