ハースF1、2021年のペイドライバー起用も除外せず
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年にペイドライバーに頼ることになる可能性を除外していない。

ハースF1は、2020年の予算が明確になるまで2020年F1マシン『VF-20』にアップグレードを投入しないことを決定しているが、2021年のF1ドライバーライナップについてもまだ検討していない。

ハースF1は、現在ドライバーを務めるロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの続投を考えてはいるものの、予算の点でF1最小のチームの1つであり、現在の状況を考えれば、スポンサーや後援者からの持参金を持ち込めるドライバーも説得力があるかもしれない。

だが、現時点では2021年のドライバーラインナップに関する問題はオーナーのジーン・ハースの議題ではないとギュンター・シュタイナーは主張する。

「今年のドライバーマーケットは、フェラーリのセバスチャンの動きによって早めにスタートした。すべてが早く始まったが、今は再び落ち着いている」とギュンター・シュタイナーは語った。

「我々は何も話し合っていないし、ドライバーについても考え始めてさえいない。我々はレースに戻りたいと思っている」

「我々にはこの期間に整理しなければならない非常に多くの事柄があったので、正直、ドライバーは最も心配の少ないことだった」

「私が求めていたのは彼らが安全で良好であり、来年、我々が何をするかではなかったのは確かだ」

「我々全員が知っているように、すぐに話題になるだろう。だが、現時点では質問には答えられません。」

それでも、ギュンター・シュタイナーは、ペイドライバーの起用を除外することはないと語る。

「それについてはまだ話し合っていない。ドライバーについては触れていません。つまり、ペイドライバーなどについては触れていない」

「何も含めたり除外したりするつもりはない。それは(ジーン)ハースとはまだ議論されていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース