F1 ハースF1チーム イギリスGP
ハースF1チームは、2019年のF1イギリスGPの決勝レースで、ケビン・マグヌッセン、ロマン・グロージャンともにリタイアでレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「我々にとっては非常に期待外れなレースだった。ここではっきりと言わせてもらいたい。我々のドライバーがバトルにもたらすことができた最大のものはシャベルだった。我々の穴をさらに深く掘るためのね。戻って体制を組み直し、今後、何ができるか考えなければならない」

ロマン・グロージャン
「右リアがパンクした。ピットストップしたが、マシンはフロア、ブレーキダストなどにレースを続行するにはあまりに多くのダメージを負っていた。残念ながら、リタイアするしかなかった。本当に悔しい。今日はマシンのパッケージを評価したかった。グリッドに向かうときのマシンの感触はとても良かったし、それらのラップは心強いものだったので良いレースができると期待していた」

ケビン・マグヌッセン
「僕たちにとってそれなり週末だったと思うけど、予選が予想より悪かったのは間違いない。今週末はいくつか事件をしてクルマについていくつかのことを学ぶことができたと思う。今日はその結果を何も得られなかったけど、次のレースでは学んだことを生かしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1イギリスGP