F1 ハースF1チーム カナダグランプリ
ハースF1チームは、来週末のF1カナダGPでVF-18に最初の大幅なアップグレードパッケージを投入する。

先週末のF1モナコGPでは苦戦を強いられたハースだが、今シーズンは力強いスタートを切っており、他チームがアップグレードを導入したF1スペインGPでもケビン・マグヌッセンが6位入賞を果たしている。

ハースのチーム代表ギュンター・シュタナイナーは、スペインではVF-18に新しいパーツを投入するのは意図的に待ったとし、来週末のモントリオールでそれらを導入すると述べた。

「かなり大きな変更がある」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「フロントウイング、フロア、バージボードエリアの全てのアップグレードを図ってきた。当然、それらの狙いはスピード上げ、速く走ることにある」

「多くの人々がスペインにアップグレードを持ち込んだが、我々はもう少し時間をかけてカナダで投入することに決めた。我々はまだ小規模チームであり、ビッグチームほど素早く対応できないからだ」

ハースは、序盤戦でバージボードが構造的に脆弱だったため、モナコGPではロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの両ドライバーがバージボードのコンポーネントを取り外さなければならなかった。アップグレードパッケージの一環として強化されたそれらのパーツを取り外さなければならなかったはパフォーマンスに大きな影響を与えた。

また、ハースはピレリの最も柔らかいコンパウンドであるハイパーソフトを機能させることに苦しんでいた。ハイパーソフトはカナダGPでも投入される。

「タイヤコンパウンドは新しいパッケージで理解しなければならない最優先事項になるだろう」とロマン・グロージャンはコメント。

「サーキットは非常に異なる。縁石に乗る部分がずっと多いし、はるかに高速だ。なので、セットアップがかなり異なる。僕たちはカナダに向かう前にハイパーソウトをもう少し理解する必要がある」

「正直、レースでは3つの異なるコンパウンドがうまく機能していなかった。望んだようにプッシュできなかったし、ドライビングではなく、クルージングしていただけだった」

ケビン・マグヌッセンは、ハースの最大の強みは空力パッケージであり、メカニカルパフォーマンスが強調されるモナコがチームにとって難しいことは予想していたとし、チームはモナコでハイパーソフトについて学んでおり、カナダではパフォーマンスを向上させるために取り組んでいくと述べた。

「ハイパーソフトは良いタイヤだ。モナコではまだ厳しかったけどね。スイッチを入れるのが難しかった」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「カナダではもう少し簡単になることを願っている。スイットを入れるために高速でタイヤに負荷をかけるられる長いストレートがあるからね」

関連:2018年 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1カナダGP