F1 ハースF1チーム ケビン・マグヌッセン スペイングランプリ
ハースF1チームは、F1スペインGPの決勝レースでケビン・マグヌッセンが6位入賞。ロマン・グロージャンはリタイアでレースを終えた。

ケビン・マグヌッセン (6位)
「本当に良いスタートが切れた。レッドブル勢と並んだけど、彼らの方がずっと速いことはわかっていたのであまり戦いたくはなかった。僕の仕事は7位に留まって、そこから落ち着いてレースをすることだった。1周目にうまく守れたと思うし、トラブルを避けることができたので満足している」

「強力なパフォーマンスを発揮できたし、僕たちはバーレーンとここで獲得したようなポイントに値すると思う。毎戦でポイントを獲得していけるはずだし、僕たちにはそれができるクルマがある。いくつかのミスや事故によって定期的にポイントを獲得できていなかった。多くのポイントを稼げたのは良いことだ。コンストラクターズ選手権でより相応しいポジションに戻れたことにも満足している。このレベルを維持して、定期的にポイントを獲り続けていく必要がある」

ロマン・グロージャン (リタイア)
「あまり言うことはない。ターン3でリアエンドを失ってスピンを喫してしまった。映像を見れば、僕がチームメイトとの接触を避けようとしていたのがわかると思う。ケビンはちょっとふらついていて、スロットルを戻したら、クルマのコントロールが失われた。巻き込んでしまったドライバーに申し訳なく思う。クルマのコントロールを失ってやれることはあまりなかった。ケビンは良いレースをしたし、それはチームにとって良いことだ。僕は堅実なレースをしたい。でも、今日はそうではなかった」

関連:F1スペインGP 結果:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1スペインGP