周冠宇 「2023年のアルファロメオF1残留はまだ決まっていない」
周冠宇は、2023年のアルファロメオF1への残留が決まっていないが、レースシートなしで取り残される心配はまだしていないと語る。

今年中国人初のF1ドライバーとしてデビューを果たした周冠宇のパフォーマンスにアルファロメオF1は「とても満足している」と語っているが、ザウバーが運営するF1チームは、周冠宇が2023年にバルテリ・ボッタスと一緒にいることをまだ確認していない。

「F1での最初の年なので、チームは僕のパフォーマンスを分析している」と23歳の周冠宇は語った。

「でも、フィードバックは有望であり、チームは僕が行った仕事にとても満足している。僕は彼らと一緒に仕事ができることをうれしく思っている。僕は彼らとの仕事をとても楽しんでいる」

しかし、周冠宇の単年契約はシーズンの終わりに切れる。

契約延長について質問された周冠宇は「まだ何も届いていない」としながらも、「でも、良い知らせを期待している」と語った。

一部のインサイダーは、アルファロメオF1が最近のF1イタリアGPの機会を利用して、周冠宇の2023年の契約を発表することを期待していた。

なぜそれが起こらなかったのかと質問された周冠宇は「まあ、まだ決まっていないからだよ」とEl Mundo Deportivo に語った。

「僕たちには計画があり、フィードバックに応じて契約を決定する必要がある。現在、将来について話し合っているし、すべてが有望に見えるけど、待つ必要がある」

だが、不確実性にもかかわらず、周冠宇は、いつの日かワールドチャンピオンを目指して戦うという自分の究極の目標は順調に進んでいると主張する。

「それがこの仕事の目的だ」と周冠宇は語った。

「最初の1年間は、自分のスキルを学び、向上させることが目標だったけど、ポイントを獲得するだけでなく、表彰台を目指して戦いたいと思う時が来るだろう」

「いつの日かそのポジションに就きたいと思っているけど、今はその一歩を踏み出す前に、最初の数年間で物事を正しくしようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオF1