周冠宇 「F1ドライバーが10年間で経験することをすべて経験した気分」
2022年のF1ドライバーで唯一のルーキーである周冠宇は、アルファロメオF1チームで有望なスタートを切った。レース活動が夏休みに入るなか、中国人初のF1ドライバーである周冠宇が、ストレスは多かったが、印象的なシーズンスタートを振り返り、F1における彼の将来についても打ち明けた。

周冠宇はF1バーレーンGPでのF1デビュー戦を含め、最初の13レースで5 ポイントを獲得し、ドライバーズ チャンピオンシップで17位につけている。

しかし、周冠宇は4回のDNFも経験しており、シルバーストーンで開催されたF1イギリスGPでは1周目に高速クラッシュに巻き込まれ、タイヤバリアを超えてキャッチフェンシングに衝突する大事故を経験した。

周冠宇はこれまでの自分の成長に「感銘を受けている」と語る一方で、信頼性の問題に悩まされ、さらなるトップ10フィニッシュの可能性が狭めまったことに失望したと語った。

「振り返ってみると、自分が成し遂げた仕事と、バーレーン以降の進歩に非常に感銘を受けている」と周冠宇は語った。

「10~11レースくらいで、F1ドライバーが10年間に経験するすべてのことを経験したように感じた」

「かなり多くの信頼性の問題があり、レースからのリタイアを余儀なくされたけど、それはゲームの一部であり、キャリアのこの初期段階ですでに大きなシャントを経験したことも最も良いことではない」

「それほど多くのDNFがなければ、もっと多くのポイントを獲得できたと思う」

「でも、少なくとも目標を達成することができた。Q3に進出し、2回ポイントを獲得できたので、その点で満足している。僕たちは前進するための良いスピードと勢いを示している」

シーズン前半戦の満足度について質問された周冠宇は「全体的にとても満足していると」と語る。

「特にQ3に進出できたのは大きな驚きだ。初年度に実現できるとは思っていなかったからね。そのような機会がたくさんあるとは思っていなかった。だから、非常に良い成果であり、今後の私にとって良い後押しになった」

「でも、その一方で、自分自身への期待は明らかに高まっているように感じている。まだ不安定ではあるけど、Q1で敗退した場合、今はいつもかなり悔しいと感じている。今年の初めだったら問題なかったけど、今はフィールドがかなりコンパクトになったとしても、Q2は常に最小目標だと感じている」

アルファロメオF1は、周冠宇が203年もシートを維持するかどうかをまだ決定していない。

周冠宇は、すぐに決定が下されることを期待しているが、C42 のハンドルを握ってパフォーマンスを続けている限り、自分の将来は自然に解決するはずだと信じていると語る。

「現時点では、来年のことを心配する必要はないと感じている」と周冠宇は語った。

「夏の間に考えはするけど、未来について話す時はスパがついてからだ」

「一般的に、自分がシートに座っているかどうかにかかわらず、来年どうなるかについてあまり心配していないと感じている。自分がここに留まるべきではない理由はない」

周冠宇 F1 アルファロメオ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオF1