ロマン・グロージャンを救った医療チーム「我々はヒーローなどではない」 / F1バーレーンGP
ロマン・グロージャンがF1バーレーンGPでの大クラッシュから“奇跡”の脱出するのを助けたF1メディカルカーのチームは、自分たちはヒーローなどではないと語り、今後このような恐ろしい事故が起こった場合にはもっと良い対応ができるように今回の事故から学んでいくと語った。

オープンフェイスのヘルメットで炎のなかで向かい、ロマン・グロージャンが地獄さながらの光景から脱出するのをFIA医師のイアン・ロバートは、脱出するのに“素晴らしい仕事”をしたのはグロージャン自身だと語った。

イアン・ロバーツとメディカルカーのドライバーであるアラン・ファン・デル・メルウェは、日曜日のヒーローとして歓迎されたが、彼らは自分たちの仕事をしただけだと謙遜する。

「私はヒーローなどではない。多くの人々が真剣に、そして、しっかりと英雄的なことをしている。私は必要なことをしただけであり、自分のことをヒーローなどとは思っていない」とイアン・ロバーツは Reuters に語った。

アラン・ファン・デル・メルウェは、同じバーレーン・インターナショナル・サーキットで今週末に行われるF1サヒールGPに向けてすでに変更点について議論していると語った。

「イアンと私は、もっと少しの時間、もしくはもう少しマージンを持てと考えている非常に小さなことがあったと思っている。今朝の朝食時にそれについて話し合った」とアラン・ファン・デル・メルウェは語った。

「我々は今、火災に対してより多くの経験を積んだ。以前に想起していたシナリオだったが、今ではそれを実際に体験した。今後、我々がどうする必要があるか、何を改善する必要があるかはわかっている」

イアン・ロバーツは、ロマン・グロージャンのF1マシンが金属製のガードレールを突き破り、真っ二つに分断されて炎上した数秒後に到着したとき、現場はハリウッド映画のようだったと振り返る。

「マシンの中でロマンが出ようとしているのが見えた。火の手はどんどん大きくなっており、ほぼ炉のような一面炎の後ろに彼が見えた」とイアン・ロバーツは語る。

マーシャルは、消火器を持ってトラックを横切って走った。それはロマン・グロージャンのために炎を押し戻す貴重な秒数間を作り出すことを目的としていた。

ロマン・グロージャンがバリア上に現れたとき、イアン・ロバーツは手を伸ばして彼をつかむことができた。

「火はかなり強烈だった…私の顔を突き刺していた。ロマンがなんとかマシンから降りれたことは分かった。彼は自分自身を解放するために素晴らしい仕事をした」とイアン・ロバーツは語った。

「私は彼を我々たちの車の方に引き寄せたが、彼は実際には何も見えていなかった。ティアオフ(ヘルメットのバイザーを横切るストリップ)は溶け、彼のバイザーはかなり不透明に見えた」

バリアにぶつかる瞬間に221kphが記録されたロマン・フロージャンは、手の甲に火傷を負ったが、それ以外はほぼ無傷だった。グロージャンは火曜日まで入院する予定であり、今週末のレースは欠場することが決定している。

アラン・ファン・デル・メルウェも、自分がヒーローと呼ばれることは“少し照れ臭い”と語る。

「自分のやるべきことをやった。私はそれをヒーローとは呼ばない。我々はうまく役割を果たせたと思う。次回はもっと上手く対応できると思う」とアラン・ファン・デル・メルウェは語った。

「本当にポジティブなストーリーであり、F1にとって本当に良いだ。それは私たちが正しいことをしていることを証明したし、我々がやっていること、つまり物事を改善しようとすることを続けなければならないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / F1バーレーンGP / ハース