ティモ・グロックの2009年04月のF1情報を一覧表示します。

ティモ・グロック 「トゥルーリには敵わなかった」

2009年4月25日
ティモ・グロック (トヨタF1)
ティモ・グロックは、F1バーレーンGPの予選で、たとえ最終ラップでミスをしなかったとして、チームメイトのヤルノ・トゥルーリを打ち負かすことはできなかったと語る。

ティモ・グロックは、セッション終了間近までトップタイムを記録していた。しかし、その直後、ヤルノ・トゥルーリがグロックのタイムを上回り、ポールポジションを獲得した。

グロックは、予選終了後、トゥルーリのタイムに届くことはできなかったことを認めた。

ティモ・グロック、F1中国GPを振り返る

2009年4月22日
ティモ・グロック トヨタ F1
ティモ・グロックが、F1中国GPとこれまでのシーズンを振り返った。中国GPではピットレーンスタートから7位入賞。ティモ・グロックは、これまでの3戦で1回の表彰台を含めすべてのレースでポイントを獲得している。

今シーズンの自分の滑り出しをどう評価していますか?
僕とチームにとって、今シーズンは良いスタートが切れたね。個人的な観点から言えば、わずか2戦目にして表彰台に上がれたのは本当にポジティブなことだったし、オーストラリアでのヤルノの3位に続いて、チームは2戦連続で表彰台を獲れたんだからね。中国では全体的にちょっと期待外れだったけれど、でも表彰台を狙える競争力のあるクルマでシーズンをスタートできたのは素晴らしいことだ。自分のパフォーマンスには満足している。何度か難しい状況に置かれたにも関わらず、既にかなりのポイントを獲得できたわけだけど、これに関しては本当に一生懸命仕事をしてくれたチームのみんなにお礼を言わなければならない。

ティモ・グロック (F1バーレーンGPプレビュー)

2009年4月20日
ティモ・グロック トヨタ F1
ティモ・グロックが、F1第4戦 バーレーンGPへ向けての意気込みを語った。

ティモ・グロック (トヨタF1チーム)
バーレーンGPは面白く、独特のサーキットだ。セットアップに関しては、バランスを取るのが難しい、ストレートでのスピードと低速コーナーでのグリップをうまく両立させなければならない。砂漠を吹く風が、バーレーンでは特に問題で、毎周、風向きが変わる。悪い方向から吹くと、クルマが少し不安定になるが、予想できることなので、対処する準備ができる。

ティモ・グロック、ギアボックス交換で5グリッド降格 (F1中国GP)

2009年4月18日
ティモ・グロック (トヨタF1チーム)
ティモ・グロックは、F1中国GP前にギアボックスを交換。明日の決勝レースは5グリッド降格ペナルティが適用され19番グリッドからのスタートとなる。

午前中のフリー走行3回目でギアボックスにトラブルが発生したグロックは、わずか6周を走行しただけで、残りの時間はピットで過ごしていた。

予選では14番手でQ2で敗退したグロックだが、決勝はさらに5グリッド下がり19番手からのスタートとなる。

ティモ・グロック (F1中国GPプレビュー)

2009年4月13日
ティモ・グロック トヨタF1
ティモ・グロックが、F1第3戦 中国GPへの意気込みを語った。

ティモ・グロック (トヨタF1チーム)
マレーシアは普通じゃないレースだったが、良い結果に終わって、中国GPに向けさらに自信がついた。シーズン前、チームが持っていた自信は正しく、どんな状況でも、競争力が発揮できている。最初の2レースで、2台とも上位4位に入ったので、次に狙うのも表彰台、今回も素晴らしい週末にしたい。

ティモ・グロック、マレーシアGPを振り返る

2009年4月8日
ティモ・グロック (トヨタF1チーム)
ティモ・グロックが、3位表彰台を獲得したF1第2戦マレーシアGPを振り返った。

3番手からレースをスタートして、フィニッシュも3位でしたが、レース内容はそれほど単純ではありませんでしたよね?
まったく違ったね。今回は、特にレース戦略の点から見て、本当に判断が難しいレースだったし、それに雨が土砂降りになってからのあの状況ではドライブを続けるのは不可能だった。私にとってはとにかくアクションがいっぱいの、とても楽しいレースだったよ。スタート直後の1コーナーでは幾つか順位を落としたものの、インターミディエイトタイヤを履いてからはコース上で私が最速だったから、たくさんのクルマを追い越して行って、最後にはトップ争いをしていたんだ。あれは本当に信じられなかった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム