メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ポール獲得はゼロポッドコンセプトを正当化」
ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPでポールポジションを獲得し、2戦連続でダブル表彰台を獲得したことは、現在の“ゼロポッド”コンセプトに固執するというメルセデスF1の決定を正当化するものだと考えている.

メルセデスF1は、2022年シーズン前半まで、W13マシンのバウンシング問題により、純粋なパフォーマンスでレッドブルとフェラーリと競争することができなかった。

しかし、最近は好調を維持しており、過去6戦すべてで表彰台を獲得。フランスとハンガリーではジョージ・ラッセルとチームメイトのルイス ハミルトンが2戦連続でダブル表彰台を獲得した。

また、F1ハンガリーGPでは、ジョージ・ラッセルがF1初ポールポジションを獲得。レース序盤をリードした後、最終的にウィナーであるレッドブル・レースのマックス・フェルスタッペン、2位のルイス・ハミルトンに次ぐ3位でフィニッシュした。

ジョージ・ラッセルは、最近のフォームの改善は、今年の残りの期間、既存のマシンコンセプトに固執することを正当化するのに十分なもんだと考えている。

「クルマのコンセプトを変えたからといって、もっと速く走れるようになるとは思わない。正直に言うと、その逆かもしれない」とジョージ・ラッセルはF1ハンガリーGPのレース後に語った。

「プロセスに固執し、プッシュし続けなければならないこともある」

「ペースが落ちていて、物事が思い通りに進んでいないように見えるとき、それを行うのは難しい。でも、個人的には、チーム内のすべての人を信じているし、当分の間、僕たちは大きな進歩を遂げていると思う」

「僕たちが予選で仕事をしたし、レースで僕たち二人がペースを示した」

「シーズンが始まったとき、僕たちは首位から1分遅れてレースを終えていた。過去2レースは10 秒以内だった・間違いなく正しい方向に進んでいると思う」

多くのF1チームがマシンのコンセプトを変更し、レッドブルまたはフェラーリのアプローチに従うことを選択したが、メルセデスはプレシーズンテストで注目を集めたスリムなサイドポッドのデザインにこだわった。

メルセデスF1チームは以前、2023年に向けて「異なるコンセプトの組み合わせ」を検討しているが、コンセプトを捨てることで今年の競争力のレベルが変わるとは考えていないと述べていた.

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、フランスとハンガリーで直面したプラクティスの問題が、マシンの正しい方向性を見つけ、競争力を高めるのに役立ったと感じている。

「全体的に難しい週末だった。(ハンガリーでの)金曜日の苦しみは、我々がどちらの方向を見ればよいのか本当に分からなかった」とトト・ヴォルフは語った。

「おそらく、金曜日に非常に間違っていたことが、日曜日に非常に正しく、ほぼ完全に正しくなるのに役立った」

「先週末のフランスとここ(ハンガリー)から多くのポジティブなデータを目にしているし、シーズン後半に向けて構築するデータはたくさんある」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス