メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「フェラーリとレッドブルは規則の意図に反している」
F1では、いわゆる“ポーパシング(ポーポイズ現象)”について何をすべきかを決定するため、「多くのロビー活動」がまだ行われている。

メルセデスF1のチーム代表あるトト・ヴォルフは、今年のグラウンドエフェクト規制への復帰によって引き起こされた空力バウンシングは、ドライバーの健康と安全を危険にさらすと述べている。

しかし、今年はメルセデスF1がレッドブルとフェラーリの両方に遅れをとっていることと、メルセデスF1がポーパシングを最小限に抑えるためにセットアップで「妥協」を余儀なくされたことと、その苦情は一致した。

「同時に、メルセデスはレッドブルとフェラーリの車のフロアを問題視している」と Auto Motor und Sport のマイケル・シュミット は指摘する。

メルセデスは、レギュレーションで車高を25mm上げたいという要望に反映されているように、タイトルを争う 2 つのチームのフロアが過度に曲がっているのではないかと疑っている。

「メルセデスは、レッドブルとフェラーリが地面から約6mmで走らせることができることで、約0.3秒を得ていると考えている」とシュミットは述べた.

メルセデスF1のジョージ・ラッセルは「フェラーリとレッドブルがその点で規制を推し進めたのは間違いない」と語る。

「そして、僕たちはレギュレーションが意図したようにはそれを尊重してきた。スパではレギュレーションにいくつかの小さな変更を加えるので、興味深いものになるだろうし、他チームが僕たちに近づく可能性がある」

一方、マイケル・シュミットは「レッドブルとフェラーリは、FIAの技術ガイドラインに非常に神経質になっています。 彼らはそれをまったく飲みたくない」

「現在、妥協に達するためにFIAと多くのロビー活動を行っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス