ジョージ・ラッセル 3位 「初勝利を達成できなかったのは複雑な心境」 / メルセデス F1ハンガリーGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリで3位表彰台を獲得。だが、土曜日にF1初ポールポジションを獲得したラッセルは、彼とチームはすべてを正しく行ったが、F1初勝利を逃したことは「複雑な感情」だと認める。

ジョージ・ラッセルはソフトタイヤでレースをスタートし、最初のスティントでカルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレールのフェラーリ勢の前に留まった。

しかし、ミディアムタイヤに交換した後、より速いシャルル・ルクレールを長くは抑えることができなかった。

もう1セットのミディアムタイヤに交換するためにストップした後、ジョージ・ラッセルは最終的なレースウィナーであるマックス・フェルスタッペンにアンダーカットされた。そして、シャルル・ルクレールを追い抜くことはできたものの、チームメイトのルイス・ハミルトンを守るには無力であり、2戦連続の3位フィニッシュを余儀なくされた。

「複雑な感情があるのは確かだけど、信じられないほどトリッキーなコンディションだった。レース全体を通して、さまざまなポイントで小雨が降っていた」とジョージ・ラッセルは語った。

「グリッドに着いたときは小雨が降っていて、僕たちはソフトタイヤを履いていたけど、周りのみんなはミディアムを履いていたので、『これは素晴らしいこと』だと思った!」

「序盤は少しトリッキーだったけど、周りのクルマとのギャップを大きく引き離すことができたのは素晴らしかった。残念ながら、雨は少しずつ止み、ミディアムランナーが追いついてきたので、かなり早い段階で対応してピットインしなければならなかったけど、それは正しい決断だった」

「でも、その後、最後のスティントで非常に古いミディアムタイヤを履いているときに、再び雨が降って、コースは涼しくなり、そこに雨が降っていた。ルイスを防御するのは不可能だったし、新しいソフトを履いたカルロスを食い止めるのは非常に困難だった。でも、チームとして正しい理由ですべてを行っていたので、物事の展開は残念だった」

シーズンの厳しいスタートの後、メルセデスF1は最近のレースで調子を取り戻しているように見え、フランスとハンガリーでの過去2つのグランプリでダブル表彰台を獲得した。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1は進歩しているが、マックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールに比べてペースが遅い理由を理解する必要があると考えている。

「純粋なペースではシャルルとマックスがまだ優位に立っていると思うし、レッドブルが前をクルーズしていたと思う」とジョージ・ラッセルは語った。

「マックスと僕は同じ戦略をとっていたので、彼らがどこで僕たちより速かったかを確認する必要がある。そして、彼はおそらく僕に対してコンマ1.5~2秒を持っていた。その後、フェラーリがハードに交換した。それは少し奇妙な判断だった」

「このような状況では、ハードが機能させる術はなかった。シャルルはシーズンを通して素晴らしい仕事をしてきたので同情するけど、それはレースであり、チームとして僕たちはそれを利用した」

「(土曜日の)ポールポジションと(日曜日の)ダブル表彰台はチームの素晴らしい仕事だ。僕たちは進歩を遂げており、僕たち全員がそれに取り組んできたことを誇りに思っている。リセットして再び集中し、シーズン後半に戻り、勝利を争いたい」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1ハンガリーGP