ジョージ・ラッセル 「レースペースでフェラーリやレッドブルに近づいた」 / メルセデス F1カナダGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を4位で終えた。

8番グリッドからレースをスタートしたジョージ・ラッセルは、ハース勢とアルピーヌ勢をコース上で交わして4位でフィニッシュ。チームメイトで3位表彰台を獲得してルイス・ハミルトンとともに大量ポイントを獲得した。

「ハース勢とアルピーヌ勢を抜くことができると完全に自信を持っていた」とジョージ・ラッセルは語った。

「ルクレールとチェコ(セルジオ・ペレス)が切り抜けてくることを侵犯していたけど、幸運にも彼らを抑えることができた」

「最終的に僕たちのレースペースはシーズン全体で目にしてきたものよりもフェラーリやレッドブルに近づいていた。僕たちはパフォーマンスに問題を抱えていたけど、彼らはそうではなかった」

「後から考えるのはすべてが簡単で、最初のVSCでピットインしたかったけど、結局、最終結果を変えることはなかったと思う」

「第1スティントのペースは本当に強力だったし、第2スティントも強かった。リスタート後の最終スティントは理由はわからないけど、タイヤを機能させることができなかった。少し後退してしまい、戦うことができなかったので少し残念だ」

「それでも、4位はチームにとって良いポイントだし、メルセデスとして表彰台に戻れたのは素晴らしいことだ」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 カナダグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1カナダGP