ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンを抑えるためにできる限りのことをした」 / メルセデス F1スペインGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝で3位表彰台を獲得した。

4番グリッドからスタートしたジョージ・ラッセルは、アップデート版W13が戦えるマシンへと変貌を遂げたことを証明した。DRSにトラブルがあったとは言え、マックス・フェルスタッペンをコース上では抑えてみせた。

「今日はスーパータフな一日だった。ここで表彰台に立ってチームのために家に持ち帰ることができてとても誇りに思う。みんなが一生懸命働いたので、この結果はブラックリーとブリックスワースで疲れを知らずに働いたすべての人に与えられる。ありがとう!」とジョージ・ラッセルは語った。

マックスを抑えるためにできる限りのことをした。楽しいラップだった!レッドブル勢をミラーに入れて、車からすべてを完全に引き出そうとしていた」

「最後はの数周は非常に難しかった。管理しなければならないギャップがを知ったときはリアルのサバイバルレースだった。ここバルセロナにいるすべてのファンのおかげだ。彼らは週末を通して素晴らしかった!現時点でのF1のサポートは素晴らしい場所にあるし、ここにいることができたのは素晴らしいことだ」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ スペイングランプリ



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1スペインGP